■■ ゆーすぽにっき。2006年■■
■紫野ひかりのバイク(NSR250R-SP‘94)、サーフィン、乗馬のお話。■

2002年のセリカのセリちゃん日記へ 2003年のCAR&BIKE日記へ 2004年のCAR&BIKE日記へ 
2005年のCAR&BIKE日記へ 2006年のCAR&BIKE日記へ 2007年の遊スポ日記へ
2008年の遊スポ日記へ 2009年の遊スポ日記へ

スピリチュアルライフ日記へ ベランダガーデニング日記へ


★12月20日「ちょっと乗り」

無印良品のお店まで、バイクで行ってきました。買うかどうかわからないし、買わないと駐車場が有料になるお店なので、まずはバイクで下見。

さすがに冬になったので、防寒は厳重にしました。長袖ババTシャツ、薄手セーター、薄手カーディガン、ライディングジャケット、下はパンスト、Gパン、オーバーパンツ、手には冬用グローブ。これで、寒さは全く感じません。あとネックウォーマーがあれば、言うことなしかな。

もっと寒くなったら、長袖ババTシャツをバイク用のいいものにして、Gパンを革パンにすればさらに暖かくできます。

だけど、冬用グローブは操作しにくくてつらいです。クラッチレバーに手が届きにくいし、レバーをじわじわ離すのがスムーズにできなくて、クラッチつなぐのが怖いです。早く革がなじんでくれるといいけど。

藤沢駅までちょこっと乗りだったので、めんどうかなと思いましたが、ほんのちょっとでもやっぱ、バイクは楽し♪





中井インターサーキット 2006.12.10
★12月10日「中井インターサーキット」

中井インターサーキットでレースがあったので、ちょろっと見に行ってきました。小学校の校庭か幼稚園の園庭程度の、小さなサーキットです。いつも来ている人たちが、内輪でレースをしているような感じでした。

これがハングオンですよ。私は公道でしか走らないので怖いから、ここまで寝かすことはないです。一番向こうに見えてる子と、手前の3人との中間くらいです。この3台、50cc〜80ccのNSRかな?

サーキット周辺に停まっている車は、ほぼ全部ワゴン車で、バイクのトランポです。レースをしていない時は、工具箱を広げて、バイクをいじくり回している人がいっぱい。

中井インターは山のふもとで、海沿いの134号線から15分ほど入っただけなのに、きゅっと寒かったです。紅葉は、今が見ごろでした。山がオレンジ色でした。

中井インターサーキット http://www.kidsracing.info/


★12月3日「ウィンターグローブ購入」

ベイツのウィンターグローブは品切れで、メーカーにも在庫なしでした。それでやっぱり、田園調布のボスコモトまでバイクでプチツーリング。

アレンネスのウィンターグローブを手にはめてみましたが、あ〜、これは私にはだめ。手のひらの生地が厚すぎて、バイクの操作がまともにできなさそう。アレンネスのは、女性にはしんどいと思いました。デザインも、ちょっとごついし。

ボスコモトの手前にダイネーゼのショップがあるのに気づいたけど、高いだろうから、素通りしました。ダイネーゼはロッシ御用達のメーカーなので、ロッシモデルみたいな革ツナギが飾ってありました。

せっかく世田谷まで来たので、ナップス世田谷店に寄って帰ることにしました。ナップスには、例のイエローコーンのウィンターグローブがあり、それ以外にレディースでレーシーなグローブはなさそうだったので、買っちゃいました。11400円。レディースじゃなくて男性用Sなんだけど、レディースコーナーに置いてありました。来年までベイツを待っても、つけ心地がいいかどうか、わからないもんね。

行きは秋物、帰りは買ったばかりのイエローコーンのグローブにしました。イエローコーンは、暑い・・・。下道を走っている間、暑くて手にかなり汗をかきました。そして、高速の料金所で、汗でグローブがなかなか取れない。取った後、なかなかつけられない。料金所用タンクバッグをつけてきてなかったので、グローブをはずさないと、小銭が出せなかったんです。

ウィンターグローブをつけてる時には、料金所用タンクバッグは絶対に置いてこないようにしよ。それとも、下道は秋用グローブ、高速に入ってから冬用につけかえる?それが、手には一番快適だと思うけど。

渋滞をすり抜けていて、ガードレールに当たってしまった・・・。行けると思ったけど、狭すぎた・・・。買いたてのグローブって操作しにくくて、ライディングが下手になっちまいました。

今月号のライディングスポーツに、モトGPのカレンダーがついていて、うれし♪



柴又帝釈天 2006.11.25
★11月25日「ノーリミットまで」

グローブはベイツを頼んでしまったので、もうボスコモトに行く必要がなくなりました。せっかく行くつもりで楽しみにしていたので、まだ行ったことのないノーリミット(ベイツの販売元)に行ってみることにしました。

アンダーアーマーの上下に、薄手のセーター、ベイツの冬用ジャケット、革パン、合い物グローブという格好で。

アンダーアーマーは、どうも動いてないと寒い気がします。動いてるとぽかぽかする感じ。これはアンダーアーマーだからなのか、バイクってそういうものなのか、よくわかりません。今日は冬の直前というか、冬の始まりというか、そういう気候で、グローブが涼しすぎて手が冷たかったですが、体は寒くなかったです。

目的地のノーリミットは、休みでした・・・。住宅地の中のさりげない、いや、ある意味ちょっと目立ったトリコロールカラーのビルで、小売目的ではないお店なので、土日は休みみたいでした。

すぐ近くの熊野神社が、とてもいい感じでした。ここに通うことのできる近所の人は、いいなあと思える神社でした。ベイツのウエアは、素佐之男さんところから来てるんだと、安心しました。今まで、私はアメリカと相性が良くないのに、アメリカメーカーのベイツばっかり着てるのはどうしてなんだろうと思っていたんですが、間に素佐之男さんが入ってくれていたんですね。

柴又が近かったので、帝釈天へ参拝して、境内を有料拝観しました。そこで見たのがこの紅葉。

土地柄なのか、バイクが少なかったです。すごく注目されました。東京のライダーが元々少ないのか、よそへ出払ってたのか、湘南にライダーが多すぎるのか?

行きは、90キロくらいのスピードでもヘルメットが右から左から下からぐわんぐわん揺らされ、湾岸線は片側3車線で広いからかなあと思っていたら、ヘルメットのベンチレーションの穴が、半分開いていたのでした。帰りは全部閉めて走ると、ぜんぜん平気になりました。ヘルメットが揺らされる原因がこれだったということに、ようやく気づきました。


★11月24日「冬服」

アンダーアーマーが届きました。ふーん、冬物でも割と薄くて、ちゃんとツルツルしていて、良さそうです。でも実際のところは、着てみないとわかりません。

ショップで、イエローコーンのウィンターグローブをつけてみたら、えらく良かったので、すごく迷いました。とりあえずうちに帰ってきてよく考え、やっぱりベイツに決めました。もうサーキット走行はしないので、今までよりもさらにデザイン重視で選びたいんです。サーキット走行にはトランポ(バイクを運ぶ車)1台、メカニックひとりが最低でも必要なので、興味がなくなりました。

ベイツで後悔するだろか。ベイツの実物はどこにもないので、試着できませんから、賭けですが、注文しました。

冬のジャケットを羽織ってみたら、最近のはインナーが分かれていなくて一体化していて、薄めで寒そうでした。んーーー。ロッソやクレバーといった、レディース専門メーカーのジャケットもいろいろありましたが、カッティングがあまりにお粗末過ぎて、とても買う気になれません。

実用性ばかりでデザインを考えないゴールドウィンは、レディースものが少なくなったような気がしました。でも、私はこの冬もゴールドウィンです。暖かいのは重宝なんですけど。


★11月21日「アンダーアーマー購入」

アンダーアーマー・コールドギアの上下を注文しました。あったかいかな・・・。

次はウィンターグローブだ。うちにはグローブがごろごろ・・・何でこんないっぱい・・・悲しくなるよ。でも、冬物で気に入ってるものはないんです。夏物と合物で気に入っているのはレーシンググローブだから、冬物もレーシンググローブじゃなきゃ、機能に満足できないと思います。

ベイツかアレンネスにしようと思ってます。どっちも男性用Sしかありません。実物をはめに行かなくちゃ。アレンネスを取り扱ってるお店はないので、世田谷のボスコモト(販売元)までバイクで行ってこようっと。るんるん。

セールまで待ちません。必ず気に入ったものが欲しいから。こんどの冬は、冬眠しないぞ!


★11月20日「冬の衣装計画」

この冬は、バイクのウィンタージャケットを買おうかと思っていて、ベイツの冬物を調べてみましたが、色がないので、やめることにします。毎年レディースものは増えているので、来年に期待。

ちょっと前に大観山で見かけた、ベイツのひざパット入りブーツカットレザーパンツ、あれ欲しいなあ。

レーシングブーツが欲しい・・・。今持ってるのはサイズが合ってないから。これから探そうかな。

アンダーアーマーの、冬用上下があるといいなあ。中野選手も、ツナギの下はアンダーアーマー着てた。コールドギア着ると、オーバーパンツなくても走れるかな。オーバーパンツはあったかくていいけど、ニーグリップがきかないのと、かさばってばたつくのが嫌なんだよね。

冬用グローブで、具合のいいのが欲しいけど、冬用レーシンググローブって・・・あんまし見かけないし、レディースサイズならなお更ない。

ロッシが、きのうのラリーで11位だそうで、すごいです〜。パチパチパチ。

ロッシって、月命星が五黄土星で、私と一緒なんですね〜。それで、気に入ってるのかも。九星って、よく当たるからね。

私は本命星は二黒土星で、生真面目で保守的なはずですが、これはあまり当たってません。真面目は真面目ですが、保守的なものは大嫌い。知り合いによると、私は寅年なので、寅と五黄の方が共鳴しあって、強く出てるんだろうとのことです。

私がリーダーシップを取ると、母親的かワンマンかどちらかになるしかないそうで、当たりすぎて悲し・・・。


★11月19日「サーフィンスクール4回目」

4回目のスクールでした。自転車にキャリアを取り付けてもらい、自分のボードとウェットスーツでサーフィンしてきました。

冬用ウェットスーツの着脱の大変さは、革ツナギをしのいでいました。こんなすごいウエアがあっただなんて。ボードの持ち運びも大変だけど、ウェットスーツの脱ぎ着の方が、もっと大変!

それに、やっぱり寒かったっす。動いていると何ともないんですが、疲れて休むと寒い。でも今日は、今までとちがうことを教わったので、ものすごく疲れて、ほんの最初っからバテてました。沖までパドリングで移動する元気、全然ない・・・。

今日の気温は11度。私は、今の時期までが、がまんの限界かも。あ〜、冬はやっぱり、バイクの方がぬくぬくだわ。バイク用ウエアは、ちっとも寒くないからね〜。

足元は、ビーサンではなく、普通のスニーカーを履いていきました。冬の移動用靴下みたいなのを履いていた人がいたので、あれを買おうかな〜。手袋つけてサーフィンしていた人もいて、あれもいいな〜。小雨だったため、サーフィン用の帽子をかぶっている人もいました。

そうそう、この位の気温なんてどうってことないのか、今日も辻堂の海は100人程のサーファーがいました。

テイクオフだけなら、ずい分慣れました。ちゃんとタイミングをつかめれば、途中で落ちたりせずに岸まで乗っています。途中で落ちるのは、失速した時。ボードに乗って、しばらくしてから次の波?にさらに押されて加速する時、NSRに似てるわ〜。

今日は、波待ちから方向転換してテイクオフという動作を教えてもらいました。方向転換の時に、毎回落っこちそうになり、数回落ちました。それはまだ良かったんだけど、方向転換で酔ってしまい、気持ち悪くなって、短かめで切り上げることにしました。最初からバテてたし〜。サーフボードで酔うなんて〜。

気温11度は、私にはきついことがわかりました。今日は最近にしては寒かったので、11月中にあと数回、海に行けるかな〜。



三嶋大社 2006.11.18
★11月18日「三島」

三嶋大社へ行ってきました。今日は、事故にあう気がしていました。でも、行きたかったんです。

行き、渋滞している脇をすり抜けていると、交差点の中で止まっていた車が、ウィンカーを出さずに左折してきました。当たられる!と思いましたが、接触せずに済みました。やっぱり、危ない・・・。

箱根を通って行きました。紅葉は、だんだん始まってきたかなという感じで、来週末からが見ごろだろうと思います。箱根の山中は、寒かったです。

ちょっと厚着気味で出ましたが、少し寒いくらいでした。湘南では暖かくて涼しくて、ちょうど良かったんですけど。

箱根〜三島間の国道一号線は、バイクでは初めてでしたが、おもしろかったです。ほんと、おもしろい道だ〜。くにゃら、くにゃら。

だんだんと曇ってきたので、雨に降られないうちにと、さっさと帰りました。帰りはまた、渋滞の脇をすり抜け中、歩道から車に向かって走り寄ってくる人がいて、ぶつかりそうになりましたが、本人が直前で気づいて止まったので、何ともありませんでした。やっぱり、危ない日でした。

三島まで、行きは1時間半、帰りは1時間15分でした。そんなに近いとは。大観山まで湯河原経由で行くのと、ほぼ同じか近い位だったんだ〜。

このごろ気分が変わってきて、ツーリングしたい気持ちになってきました。私もようやく、椿ラインのガキんちょ卒業なのかな。

あ、そろそろ私、バイクの免許取ってから4年経って、5年目に入っていました〜。4年で、こんだけしか上達しなかったのが悲しいけど、あんまし乗ってないから仕方ないか。


★11月13日「初サーフィン雑誌」

初めて、サーフィンの雑誌を買いました。「サーフィンライフ」。コンビニにずらっと同じものが並んでいたので、メジャーな雑誌なんだろうと思って。

湘南特集だったので、何だかローカルな雑誌を見てる気分。ローカルな話題、ローカルなお店。

写真のド迫力に圧倒されました。バイクとは違う・・・。だって、1回こけただけで死ぬかもしれないのと、まわり全部水なのとじゃ、できることが違うわな。サーファーとライダー(サーフィンもライダーなんだけど)の違いも、まざまざと感じました。バイク雑誌より、断然カッコ良くて、若い。むーー。

でもこの雑誌は、ショートボード用だったみたい。だから写真も、すごい迫力だったのかも。

寒くなってきたよ〜。ほんまにこれで、足とか寒ないんやろか〜。ウェットスーツは大丈夫だと思うけど、ビーサンだとつらいかもしれないので、バッシュかブルース・リー(古いか)みたいな布製の靴でも買っとこうかな。


★11月12日「ウェットスーツ」

サーフボードとウェットスーツが出来上がっているんですが、自転車のキャリアをまだ取り付けてもらっていなくて、在庫切れで入荷待ちのため、ウェットスーツだけもらってきました。爪をかけて引っ張らないようにということと、2日間も折りたたんだままだとだめになるので、肩幅の広いハンガーに吊るして保管するようにと注意を受けました。

うちへ帰ってきてさっそく袋から出してみると、軽さと柔らかさに驚いて、こんなの破らないで上手に着れるかどうか、不安になりました。たぶんこれが、冬用の厚さ5ミリのフルスーツということかな。

出来上がったボードを見ると、思ったより派手じゃありませんでした。

いつ海に入ることになるかなあ。寒くないのかなあ・・・。


★11月10日「ヘルメット洗濯」

ヘルメットの内装をとりはずして、洗って干しています。乾くまで、2〜3日かかります。ロスマンズカラーヘルメットも、長いこと放ったらかしなのて、いいかげん洗わなくちゃ、被るのがコワイです。せっかく修理してペイントしてもらったのに、まだ一度も被っていません。

乗馬は、今、神社が七五三で忙しいのでお休み中。ただちょと、気持ちがクールダウンしてきたので、これからも続けるかどうかはわからなくなってきました。

サーフボードはまだ出来上がりません。その前に、自転車のキャリアをつけてもらいにいかなきゃ、出来上がっても持って帰ることができません。


★11月4日「椿ライン」

きのうの夜のうちに懐中電灯持って、チェーンを調整しておき、朝から椿ラインを往復してきました。連休なので、渋滞を避けて、お昼前には退散。

セパレートのジャケットに、革パンで行きました。ジャケットの下にはアンダーアーマー、革パンの下はRSタイチのメッシュアンダーパンツ。メッシュアンダーよりもアンダーアーマーの方が、脱ぎ着はスルスルです。

このジャケット着てると、いつも以上に周りの人がよけてくれて、苦笑いです。追い越してもらいたくてゆっくり走ってるのに、追い越してくれません。確かに、ツナギ族の方々は人間離れしたスピードで走るもんだから仕方ないけど、私は違うんだからつらいよ。

革ジャケットの腕の立体裁断の通りだと、ハンドルに手が届きません。だから丸く作ってある形を伸ばしながら走らなくちゃいけないので、腕が疲れました。体格に比較してバイクが大きいのと、ジャケットが小さすぎるのと両方とでこうなるんだと思います。何度も着て革が伸びるのを期待します。

でも総体的に、気に入りました。革なので、全くばたつかないのが快適でした。ライディングジャケットはどれもばたつかないように作ってありますが、ほんの少しの違いが、楽でした。

疲れ足りなかったので、帰ってきてからベイツに着替えて、近所をうろうろしました。肥後すみれを探してるんだけどなあ、近所のお店にはないみたいでした。


★11月2日「休みだ」

出雲から帰ってきて、忙しさに追われていたら、今週は金曜から3連休なので、もう次の週末がやってきたんですね〜。きのう帰ってきたような気がするけど、これでやっと休める・・・。休むぞ〜!バイクも乗るぞ〜!

ロッシが、転倒して年間優勝を逃しました。これで8年連続優勝ならず。全力を出しきっての勝負の方が、良かったな。

来年は中野選手がホンダ入りして、成績アップが期待されます。


★10月28日「ホンダ・フィット」

出雲でのレンタカーは、ホンダのフィットが用意されていました。ホンダ車に乗るのは、初めて。フィットは1300ccが最低みたいなので、それでしょう。その中でも、レンタカーですから一番安いのでしょ。

低速がふわふわふにゃふにゃで、とろーりとろーんとつかみどころのない感じ。こんなふわふわなの、今までなかった気がする〜。ま、コンパクトカーだから、これでもいいんだね。

完全にあきらめて走っていたんですが、少しスピードが出てくると、何か今まで乗ったことのある他の車とは違う感じがしてきました。んん〜?何か違う、何が違うんだ?

しばらくすると、スピードを落として前の車との距離を開け、急加速で接近するということを何度もくり返して遊びはじめました。ははーん、こら、加速がいいんだ。何ちゅうスムーズな加速をするんだろ!まるでバイクに乗ってるみたいじゃん!

あーすごい〜、セリカよりもスムーズに加速する!トヨタ車の加速って、どしんって重苦しく加速しますが、この車の軽やかさは何?エンジンがいいんだ〜、技術力の違いだ、きっと。

メーカーによって、車がいろいろと違うものだと、また新たに感じました。私が乗ったことがあるのは、トヨタ、マツダ、ホンダと3つになりましたが、同じ値段の車でどれを買うか考えてみたら、マツダですね。コンパクトカーなら絶対デミオ。

ホンダは確かにすごい。技術では一番!やっぱりホンダ様でした。でも、男っぽいんです。私は、マツダの運転する楽しさと美しさを追求する姿勢が好き!


★10月28日「初飛行機」

乗り物のことは、こちらへ書くことにしますね。

出雲へ行くため、初めて飛行機に乗りました。だって、新幹線と同額で、時間は半分ということがわかったので。出雲のことは楽しみでしたが、その前に飛行機が待っていると思うと、リラックスできませんでした。

機体は年季が入っていて、怖さ倍増でした。赤字だろうからね。私の席は羽の上でしたが、窓際。

飛行機が滑走路までとろとろと歩いていき、進行方向を向くと、緊張感が高まります。エンジン音が大きくなって、滑走開始。すごい加速だ・・・。すごい、こんな速い乗り物初めて乗ったよ。ぎえ〜〜、そんなスピード出したら、前が浮く、前が浮く、浮く〜〜〜・・・・。あんな鉄のかたまりが空に浮くなんて不思議だと思っていましたが、すごーく納得できました。

離陸時の時速は何キロなんだろ。すごいエンジンだ・・・。タイヤもすごい。

高度を上げていく間、気持ち悪かったです。眠くなるし、体の中が変な感じ。体調が悪いと、多分酔いそう。

窓から見える景色は、絶景でした。ほんとに素晴らしい景色だけど、ここまで来ないと見られないなんてな〜。景色に見とれながらも、こんな高くにいて、下に何もないんだということが気になって、どうも落ち着きません。上空でも、体調はどこか変な感じがしました。

着陸のために高度を下げていく時もまた、眠くなって気持ちが悪かったです。

あの笑顔のスチュワーデスさんたちがいなかったら、かなり怖いと思いました。スチュワーデスさんにだまされてるような気がしたりして。

今回は行きも帰りも晴れで、穏やかないいお天気でした。お天気のことなど考えもしていませんでしたが、天候が悪ければ、もっと怖かったんですね〜。

帰りは、羽よりも前の窓際で、さらに景色が良く見えましたが、夜だったので、ずっと夜景でした。それでも、ああ美しい〜と心の中で何度もくり返していました。


★10月22日「根岸競馬記念公苑」

横浜の根岸競馬記念公苑に、バイクで行ってきました。乗馬クラブの人たちと合流のはずでしたが、誰も来ず・・・(これ多いな〜)、ひとりでお馬ちゃんを見てきました。他の馬を見てみたかったんです。

なにやら怖ーい先生が、厳しー乗馬レッスンの最中でした。ひっえ〜〜〜〜、きつーい命令口調、久しぶりに聞きました。でも、スポーツの本格的な場所では、今でもこんな感じが普通なのかな〜。

すごーく、きちーんと教えられているのが、うらやましかったです。あんなに怖いと、つらいかもしれないけど。

馬たちをそばで見てみたら、みんなあの3頭と同じ目をしていました。ラブラドールレトリバーを、ちょっと困らせたような、穏やかで子供らしい目です。理解が進むと、その分可愛くなってくるもんだなあ。

出発前、オイルが減っているのを思い出して、補充しました。1リットル入りました。警告灯で知らせてくれるけど、オイルだけは絶対に失敗のないように気をつけなきゃね。2ストバイクは、オイルが切れるとエンジンが壊れます。


★10月21日「サーフィンスクール3回目」

今日は、3回目のスクールでした。今のお店では2回目です。最初のお店は、スクールは何度も受けるものではないという考えでしたが、今のお店は、何度か受けて練習し、行き詰ったらまた受けてという感じです。スクール代は、会員なので3000円。

今日は3人だったので、自分の番が回ってくるのが少し遅くて、助かりました。それでも、くたくた・・・。沖へ出るのに、一番体力使います。先生はプロなわけで、人を楽しませる接客業とはちと違い、2時間休憩なしでひたすら乗り続ける主義です。

20歳位のころは、私の周りにも音楽のプロがいっぱいいたので、何かなつかしい雰囲気で、嫌じゃありません。でも、私の体力では追いつかん。それで、私は申し出て、休憩させてもらっています。

乗ってすぐにボードから落ちることがほとんどなくなりました。岸の近くで階段を1段下りるようにボードから降りることも多いです。どうしても前が上がって失速してしまいがちなので、これが課題です。うまくいくと全身の力が抜けて、ただ突っ立ってるだけの楽々ライディングになります。

前回の3倍くらい乗れてると言われちゃいました。何でだろ〜、自分でも不思議です。初心者だから、進歩が早いんでしょうね〜。

スーツは、半そで長ズボンでちょうどいい感じでしたが、海から出てから体の水気が乾くまでの少しの間は、さぶいぼ出ました。

あと1〜2週間でボードとウェットスーツが出来上がるので、次は、自分のボードとスーツで、うちから自転車で海へ行きます。ボードのデザインが派手すぎたかな〜と、少し心配。ちゃんと傷だらけにしないで運べるかも心配。

バイク乗りて。だけど体がくたくたで動けない。でも乗りて。他のスポーツで体を動かすと、バイクに乗りたくて仕方がなくなります。あの、楽し〜楽し〜アトラクションに。バイクは、軽い中毒起こしてる気がします。


★10月15日「遊スポ日記スタート」

バイク、サーフィン、乗馬を全部ひとつの日記にまとめました。3つともライダーなので、ライダー日記にでもしようかと思いましたが、いろいろなものに手を出しがちな私なので、後々の変化にも耐えられるように、ライダーの文字は使わないことにしました。セリカは・・・スポーツからは脱落かな・・・。

サーフィンと乗馬に関する日記は、スピリチュアルライフ日記からこちらへ移動させました。

10月は毎年、私にとっては大変化のシーズンで、個人的にはお正月です。今年はサーフィンが始まりました。ショップのシステムもいろいろと変えていたりして、変化の気分です。ショップにはまだまだ、秋から冬にかけて新登場がひかえています。


★10月9日「サーフボードとウェットスーツ、オーダーしました」

今日は2回目のサーフィンスクールでした。7日が大波で流れて、今日になりました。

1回目のスクールは鵠沼でした。でも自分が入る海は辻堂なので、辻堂でショップを探しなおしました。サーフィンは、ショップとのつながりが非常に強いスポーツだということがわかったからです。

私が決めたのは、プロサーファーでシェーパー(ボードをけずって、作る人)でもある畑さんのお店、フリーライドです。畑さん自らスクールで一緒に入り、指導して、その人に合ったボードを作ってくれます。NSRとの出会いで、道具の重要性を身にしみて理解しましたから、良いものを選ぶことにしました。NSRでなければ、もうバイクには乗っていなかったと思いますから。

スクールの料金は、相場に比べると倍近く(9450円)で、高かったです。でも、ボードとスーツを買うので、無料になりました。これからのスクール代も、会員になったので手軽な値段(3000円)になりました。

ボードは、ロングボードになったんです・・・。乗れていると言われましたが、パドリングの(水をかく)力が全然ないので、だめだってことで。だって、こいでもこいでも、全然前に進みません。こらかなり大変なことだとあきらめました。

ショップによって、ほとんど絶対ロングボードからというところと、好きなものからというところと、考え方が色々ですが、どうもショートボードは本当に大変らしいので、おとなしく従うことにしました。

ボードは、肩幅が狭くて力のない女性用に、幅を狭く、重量を軽く、前がすぐに沈んでしまうので少し上げ気味にしてもらうことになりました。色とデザインを自分で指定したので、2万円程度高くなってしまいましたが、いつもその上に乗るんだから、好きなのにしました。

ロングボード204750円、フィン3枚16275円、ケース20790円、リーシュ(ボードと足をつなぐコード)4095円、フルスーツ(冬用)60900円、自転車用キャリー7350円、割引28934円で、合計285226円でした。

海は全然寒くありませんでした。ウェットスーツって、ほんとあったかいです。半そでだったんですけど、海まで自転車こいでると、背中を開けていても汗がにじみました。11月いっぱいは、楽勝だと思います。12月〜2月は、どうかな〜。

しばらく海に入っていると、たくさんげっぷが出ました。海の浄化作用なんですね〜。しかも、ちっともトイレに行きたくならないのが、すごく不思議。水に入ってるのに〜。知らないうちに汗をかいてるのかもしれません。汗でも、良くないものがどんどん出て行くでしょうし。

サーフィンは、まだ夢中とは言えないけど、海に魅せられました。海って気持ちいい〜。塩味が嫌いと思っていたはずが、気になりませんでした。せっかく湘南にいるんだから、もっと海と親しくなりたいんです。

あ〜、もう肩が筋肉痛です。前回は5人だったけど、今日は2人で、自分の回が多くて、くたくたになりました。サーフィンは肩の内側を使うので、姿勢が良くなりそうです。サーファーがやたら反り返ってるのは、このせいなんだなとわかりました。

源兵衛のビーサン、活躍してます。ビーサンを買ったのは、サーフィンのためだったんだな〜。

さ、そろそろサーフィン日記独立かな〜。



アレックス 食事中 2006.9.30
★9月30日「馬の世話」

バイクで、小室浅間神社まで行ってきました。乗馬の練習のつもりでしたが、だーれも来なかったので、心細くて、馬の世話だけしてきました。

たけちゃんはケガをしていて、乗れなさそうだったし。毛虫が大発生していて、怖かったし。何とかひとりでも他の馬に乗れたかもしれませんが、根性がありませんでした。

ひとりで馬の柵に入って作業したのは、はじめてでした。馬が近寄ってきて、ついて歩いて、離れてくれません。「なんだなんだ」「誰〜」「何しにきたの〜」「においかがせて〜」「何するの〜」「何してるの〜」「遊ぶの〜」「遊ぼ〜」「遊んでよ〜」ってな感じで、人懐っこくて、好奇心満々で、やっぱり幼稚園児みたい。いい大人なのに、何でこんなに子供みたいなんだろ。

たけちゃんをブラッシングしたり、馬小屋の中をそうじしたり、床を竹ぼうきで掃いたりしてる最中もずっとそばにやってきて、鼻でこづいたり、くわえようとしたりします。たけちゃんだけ相手をしてもらっていて、うらやましかったのかな。

慣れてる人だから寄って行くのかと思ってたのに、ひとりだと私でもこんなに寄ってくるんだ〜と、ちょっと感激して、可愛かったです。今日は、そういう収穫の日でした。

馬の中で自分ひとりが人間だと、どれが馬の感情なのか、よくわかりました。それで、いつもは自分が人の感情と馬の感情のごちゃごちゃなところにいて、いろんな感情の中を泳いでいたことに気づきました。馬たちは霊的なので、馬と一緒にいると、こちらまでいろんなことに気づきます。

一番好奇心旺盛なのは、アレックス。3頭の中で一番イケメンで、アニメの主人公みたいなルックスと性格です。私はアレックスがいちばん好みかな〜。でも、やんちゃなので、初心者には乗ることも手入れすることもできません。


★9月17日「サーフィン初体験」

予約していたサーフィンのスクールに参加してきました。一緒に予約した方は都合で参加できず、ひとりで参加してきましたが、5人のうち私の他に2人の女性がいて、不安なくすごせました。

鵠沼の海に出てみたら、サーファーが芋の子を洗うような状態でうじゃうじゃいて、びっくりしました。あんなサーファーだらけの海、初めて見ました。

ウェットスーツは暖かくて、寒さは全く感じませんでした。スポンジみたいな素材です。

指導は親切で優しく、上手に教えてもらったためか、最初の1回目で、ボードの上に短い時間立てました。2回目には、ちゃんと立って波に乗っていられました。でもそれは、先生が後ろからボードを押してくれていたんです。

押してもらっていると大体いつも立てるので、ひとりでやってみると、先生に「今ゆっくりパドリング(波をかく)、強くパドリング、今立って」とタイミングを教えてもらえば乗れました。でも自分でタイミングをつかむまでは、できませんでした。

女性のひとりは運動オンチだと言っていて、しかも埼玉からはるばる、憧れを実現するために来ていました。彼女もちゃんとボードの上に立てていましたよ。彼女は今日、大きなチャレンジと成功を経験していました。彼女の興奮と喜びが伝わってきて、今日共に居合わせたことが幸せでした。彼女の人生が、これからも自信に満ち溢れたパワフルなものでありますように。

サーフィンはNSRに似てるんじゃないかと思って興味を持っていたわけですが、やっぱりちょっと似てました。波が後ろからやってきて、ボードに立つ直前、後ろからぐいっと盛り上がってくる感じが、NSRと似ています。

ボードの上でバランスをとる感じも、コーナリングでバイクを寝かせる時の、全身を使った微妙なバランス感覚と似てると思いました。でも、失敗すると転倒するという緊張感は、サーフィンにはありません。海は大きなおふとんのような感覚です。

もっと激しいスポーツだと思っていましたが、意外と運動量はバイクで椿ラインを走るのと同じくらいだと感じました。波を待つ間に、休憩できますからね。

後はもう、スクールではなく自分で何度も練習して、だんだん上手になっていくものだそうで、スクールは今日1日で終わりと言われました。私は4〜5回通うものと思っていたので、ショック。

もしサーフィンを始めるなら、レンタルボードを借りているとそのうちボードが買えるほどになってしまうし、ボードによってそれぞれ感覚が違うので、自分のボードで練習しなくちゃだめとも言われました。スクールを4〜5回経験した後、のほほんとレンタルボード利用で楽しむつもりでいたので、これもショック。

簡単なロングボードから段階を踏んで練習して、上手くなったらショートボードに移行するなんてことを考えていると、なかなか上手くならない、ショートがいいなら、難しくても最初からショートを選ぶべきだそうで、これもショック。

というのも、今回、初心者でも乗りやすいロングボードでスクールを受けたわけですが、これでは私は楽しめないとわかったからです。私は、波の内側をジグザグに動くのでないと楽しいと感じないと思いました。激しい動きができるのはショートボードで、ショートボードは1ヶ月練習しないと立てないと言われました。

ボードとウェットスーツで15万円ほど。ほんとに始めるかどうか、ちょっと考えなくちゃいけなくなりました。せっかく海の近くに住んでるし、バイクよりは安全性がましだし、お天気の悪い日の方が楽しめるというのはバイクと逆だから、バイクと両立可能だし、適当に難しい方が楽しいだろうし、かなり魅力的・・・。


★9月2日「サーフィンスクール予約」

9月から、能を始めるつもりになっていました。藤沢で良さそうな先生を見つけたので、その先生の舞いを観てから申し込む予定で、もう能のチケットも買ってありました。

ところがです。ボディボードの経験があり、サーフィンをはじめたいという祈ららの会員さんが近くにいらっしゃることがわかり、急遽そっちに乗っかってしまいました。

すぐにふたりでショップのスクールを探して、今日、申し込みを済ませました。わーい!これでサーファーになれる!湘南に住んで、サーフィンしたことないなんて、一生の後悔になるからね。

きゃー、水着買わなきゃ!うれし〜♪うれしいから、バイク乗ろ!(バイクかい!)

私にはやっぱり、体を使って現実に足をつけることが、今必要だから、こうすいすいと事が運ぶんだろうと思います。人生前半で体の存在を忘れて精神面を追求した分、バランスをとろうとしているんでしょうね。

今までの人生そのままの生き方をしていたら、体の存在をうとましがり無視していたので、短命になるでしょうから、体も愛してあげないとね。

舞も体を使うと思ったんですけど、サーフィンは始められる年齢の限界が、舞よりは低いでしょうから、今やります!あこがれは、全部実現して楽しむぞ〜。

ふたりで江ノ島神社に参拝したら、すうっと浄化して疲れを取ってくれました。


★7月30日「乗馬5回目」

今日は、初めてコーチの方が来てくださるということで、ほぼ全員に近い人が集まりました。朝から集まるために、私と花ももさんは、前日から神社に泊まりました。

神社の夜は・・・私にはちょっとつらかったです。頭から強いエネルギーが入ってきて、お腹まで下がってくると、お腹は空いていないのに長いことごろごろ言っていました。それからゆっくり足元までやってきて、なかなか抜けてくれなくて、足が熱くて・・・よく眠れませんでした。こんな経験は初めて。

意識がある時は頭の中で冷やしていましたが、意識がなくなると冷やし続けられません。それでまた熱くなって目が覚めます。

あまり眠れなかったにも関わらず、エネルギーは充填されていますから、とても元気でした。あそこのエネルギーの質に、慣れることができないでいます。湘南のだらーんとした感じとは、あまりに違うんです。

コーチの方は4人も来て下さって、馬場は大賑わいでした。また新しいことを教わって、操縦が少しうまくなりました。

馬の性質は、見た目とはかなり違っていることがわかってきました。白馬ということもあって、美しさ、高貴さなどのイメージが先行しましたが、現実には、そこらへんの幼稚園児みたい。遊びたがりだし、すぐ飽きるし、なまけたがります。


★7月22日「乗馬4回目」

小室浅間神社の乗馬練習は、4回目になりました。今回は、祈ららの会員の花ももさんも、参加されました。花ももさんは初めてということでしたが、もう、ひとりで乗っていましたよ。

初心者なので、乗るほどに少しずつ慣れていくのがわかりますが、どうもまだ、うまくいきません。馬が止まってしまって動かない・・・お尻の骨が痛い・・・。

相手が動物なので、心の操縦が重要で、それぞれの馬との信頼感の強さが、とても影響することがわかります。となると、3頭の馬の1頭はやんちゃなので初心者は除外するとして、2頭のどちらかと信頼関係ができているかというと、全然です。

今日は、たけちゃんの手綱を、不注意で足にからめてしまいました。手綱をつけたままたけちゃんが座って、立った時にからんでしまったんだと、今、気づきました。もっと注意を払わなきゃ。

小室浅間神社の流鏑馬神事は、9月19日(火)にあります。女人禁制なので、女性は出馬しませんが、行ける方は、どんなものか見に行ってみてください。


★7月15日「乗馬」

神社で乗馬、またしてきました。初めてよく晴れて、しかも3連休初日だったので、渋滞で、たどり着くのに3時間かかりました。これから、晴れの日は用心して、考えなきゃ。

今回は3回目で、先導なしで、ひとりで乗りました。でも・・・ちっとも上手に馬に意思を伝えられません。途中で、止まってしまう・・・。Uターンできない・・・(バイクと同じかい)。もっとぴしっとやんなきゃいけないんだけど、恐る恐るになってしまいます。

ただ今回は、馬が乗り手の意思を知るために、足や手綱での入力以外に、乗り手の心も探っていることが、かなりはっきりわかりました。その習慣のせいかどうか、霊感が強いみたいで、馬の感情がリアルに伝わってくることがあります。

まだ、馬という生き物に慣れていません。


★7月1日「乗馬2回目」

小室浅間神社で、2回目の乗馬をしてきました。

この1週間の間に、乗馬の本を1冊買って読み、足に力が足りないのではなく、力の入れすぎだったことがわかりました。体のどこにも力は入れないそうで、特にひざでグリップしちゃだめ、背筋をのばすというのが、バイクと反対です。

世話の道具として長靴、世話と乗馬の道具としてバイク用メッシュグローブを買いました。グローブは軍手で充分だったみたいで、豪華すぎました。まいーわ。

馬の動きに合わせるのが反対だったこともわかり、自分としては反対の感覚で合わせていると、ちょうど良いことがわかりました。ふくらはぎから下は力を抜いて固定で、ひざから上の体全体を使って、くねりくねりと前後左右上下、主に上下を意識して馬の動きに合わせると、お尻が痛くなくなりました。

バイクの動きとは違いますが、常に馬に合わせて動き続けて乗るものだとわかりました。

今日は、たけちゃんに乗りました。足は、先週だけ、おかしかったらしいです。

馬は、誰が乗っても本当にきれいに決まります。なんて美しい生き物でしょう。

大塔宮の供養は、大げさにはしにくいので、お線香だけ立てて祈りました。何かしてあげたくなるし、とても喜んでくれます。相変わらずの、仲良し感覚です。しばらく、この形で続けます。私は、お線香と一緒にドライバーを持ち歩いていて、それで土に縦穴を掘って、お線香を立てています。こうすると、後片付けも必要なし。

帰りにも本殿に参拝すると、とても喜ばれました。ほんの一瞬でしたが、その気持ちがすっと入ってきて、胸いっぱいに広がりました。


★6月24日「初乗り」

小室浅間神社に出かけまして、初乗りしてきました。

たけちゃんは足を傷めていたので、別の馬に乗りました。カルマ出たのかな〜。余計のこと、ご縁を感じます。他の馬は平気そうなので、たけちゃんだけ、ご縁が深いのかも。

まずは、馬のブラッシングから。最初は、たけちゃんを恐る恐るでしたが、だんだん慣れてきて、馬が怖くなくなってきました。

馬の背に乗るのも、高さもそう怖くありませんでしたが、操縦が、うまくできなくて困りました。バイクとは、ちょっと違う〜。バイクよりももっと足に力が必要で、力を入れるのはふくらはぎで、背中はまっすぐです。ちょっとでも早足になると、馬の上で体が跳ねて、お尻があちこちに落ちます。私は骨ばってるので、普通に乗るだけでお尻の骨が痛いです。こんなんで、走れるんだろか。

動物なので、虫が飛んできたりとか、他の馬がちょっかい出してきた時とかが、一番怖かったです。

馬の性格は、犬とも猫とも似ていないと思いました。私が実際に飼ったことのある動物で一番似ていると思ったのは、モルモット。モルモットを巨大にしたような印象でした。草食動物だということと、モルモットが温和で賢いからだと思います。

今日は、カンポデルシエロを着けて行っていたせいか、神社の境内だからか、ほとんど疲れませんでした。こんなに疲れないなら、バイクで行けるかな〜。富士山の手前だったら、バイクで行くのにな〜。

神社の反応は、いいんだけど、いまいち。声が、まだ自然に出てきません。口パクしてます。次は、大塔宮を供養するつもりです。


★6月18日「流鏑馬(やぶさめ)クラブ」

流鏑馬クラブの初顔合わせのため、また小室浅間神社へ行ってきました。着いてすぐ参拝すると、きのうよりもひとことふたこと、話せましたが、大した内容ではありません。

メンバーは今のところ8名で、30名限定ということになりました。ほとんどが初心者で、中には馬が大好きという人もいました。

今日は地面が濡れていたので、ただ触っただけでした。3頭の馬の名前と大雑把な性格がわかりました。初心者向きで、私も最初に乗せてもらうことになるのは、「たけし」ちゃんでした。あの夢は、馬のたけしちゃんのことだったんですね〜。

たけちゃんの背中は、私の身長よりも高くて、顔も目も口も大きくて、こわいです〜。振り落とされたらどーしよーというのが、初心者全員の不安です。夢のたけちゃんとは、仲良しだったので、大丈夫かな。


★6月17日「小室浅間(おむろせんげん)神社・小御岳(こみたけ)神社」

今朝起きがけに見た夢は、とーっても幸せな夢で、ザビヌルがキーボードを演奏しながら、ずっと私と手をつないでいるんです。(どーやってだ)そして、ビートたけしさんと、背中合わせにもたれあっています。たけしさんはザビヌルと似ているから登場したんだと思うので、本来、手をつないでいるのも、もたれあっているのもザビヌル?ん〜〜、幸せな夢だった〜♪

意識がはっきりしてきたら、今日は富士山へ行くつもりなんでした。用意をしていると、北朝鮮がテポドンの発射準備をしていることが明らかになったと、テレビで言っていました。それで、今日行くんだろか。でも結果的に、参拝中はテポドンのことなど、すっかり忘れていました。

2年前、十束(とつか)の剣にエメラルドを入れてもらった、小御岳神社に行って、お札を納めて、新しいお札をいただいてこなくちゃ。あの参拝が、私にとってどれだけ重要なことだったでしょう。

ところが、インターを通り過ぎて大月まで行ってしまいました。が〜ん。通り過ぎた分の料金は750円。戻るのにまた750円を払うのがしゃくで、下道を走ることにしました。この遠回りは、どこか参拝すべき神社があるに違いない。

すると、まさにここですよと、目の前に現れた神社がありました。道はそこで左折していますが、私はそのまままっすぐ、鳥居を入っていきました。

そこは、小室浅間神社。北口本宮浅間神社の近くにありますが、参拝するのは初めてでした。白い神馬が3頭もいました。

ご神鏡の下に富士山をかたどった飾りがあり、その飾りの真ん中に15センチ位はありそうな、水晶球がはめこまれていました。参拝をはじめると、祈祷がはじまり、ドン、ドン、ドン、ドンと、太鼓が鳴らされました。わりと、いー感じ。

祈り終えて、拝殿を離れようとすると、「おねーさん、おねーさん」と呼ぶ声が。ん?私のこと?神職の方に、話しかけられました。その方は、宮司さんでした。「どこからきたの、ひとりできたの、道に迷って、そりゃ神様のお導きだ、ちょっと待って」と社務所に入って、しばらくしてコーヒーとお菓子を持って出てこられました。

「えー、すいません〜、ありがとうございます〜」といただきながら話していると、「馬に乗ってみない?」と誘われました。えっ、馬!実は、興味があったんです。馬とサーフィンに、すごく興味がありました。胸の中央に、直球を投げ込まれたみたい。

ここの神社さんでは、流鏑馬(やぶさめ)のご神事のために、3頭馬を飼っていて、これから女性や子供も参加できる流鏑馬の行事をはじめるので、参加者を募っているのだそうです。それがちょうど、明日、発足ということでした。

馬には乗ってみたいけど、流鏑馬をやってみたいわけじゃありません。すると乗馬だけでも大丈夫だそうで、料金も、でら安で・・・ここで行動しなければ、今生、もう馬に乗るチャンスはないと思ったので、入会しました。それに、神社だと安心だし。それで、明日、発足と初顔合わせの会のために、また行ってきます。

「明日も来ますので、よろしくおねがいします」とごあいさつして、境内をさらによく見てまわっていたら、鎌倉で殺された大塔宮(おおとうのみや。後醍醐天皇の子で、南朝の武将として活躍。鎌倉の大塔宮のご祭神)の首を埋めた場所という史跡があって、びっくりしました。

大塔宮!?近づくと涙がつるつるとこぼれました。祈ってみると、愛しさがこみあげてきて、さらに涙が流れました。大塔宮とは・・・何だか、この神社とのご縁に、なぞが出てきました。

少し前から木花咲耶姫さんから、何かと援助をいただくようになりました。春に行った、祈ららのシステムの変更は、木花咲耶姫さんからの合図があって実行したんですが、後から気づいたら、素晴らしいタイミングだったんです。

五合目の小御岳神社の磐長姫さんと、先に強く結びつきましたが、今度は、木花咲耶姫さんとの結びつきがいただけるのかもしれません。ご縁をいただいたので、小室浅間神社のお札をいただきました。

その小御岳神社にも参拝しました。十束の剣のメンテナンスをお願いしようと思って、体の中から取り出そうとしましたが、柄の部分を10センチほどしか出せませんでした。柄に入っている、エメラルドだけが出ていれば良かったのかもしれません。

それから、古いお札を差し出すと、新しいお札がするっと手の中に入ってきたので、予定通り、お札をいただくことにしました。

小御岳神社での参拝を終えると、ぽつりぽつりと雨が落ちてきて、長い時間かかって徐々に本降りに変わっていきました。

梅雨の晴れ間だったので、バイクを見るとうらやましくて仕方がありませんでしたが、馬に乗れることになったぞ〜。こっちは生きてるぞ〜。馬って、どんな感じの生き物だろ?

http://www.fgo.jp/~yabusame/



メンテナンス記録 NSR
2003
3/29
4000キロ 納車
4/1 - バッテリー交換
6/28 -
洗車
8/8 - オイルポンプ交換
2004
1/4
- フロントタイヤ交換 ダンロップGPR80
1/20 - チェーンクリーニング、グリースアップ
2/5 - チェーン調整
2/15 - 洗車
2/16 5713キロ プラグ交換 デンソーIWM27
3/14 - チェーンクリーニング、グリースアップ
3/16 - フロントブレーキパッド交換 べスラ
3/23 6300キロ リアブレーキパッド交換 べスラ
チェーン調整
4/2 - 2ストオイル補充 1L
4/7 - 左グリップ交換
4/12 - クラッチワイヤーグリースアップ
フロントブレーキパッド付け直し
4/15 - 各所グリースアップ
4/17 6720キロ ステンメッシュブレーキホース装着 グッドリッジ
ブレーキフルード交換 DELPH1 DOT4
4/25 - チェーンクリーニング、グリースアップ
5/1 7625キロ 盗難警報アラーム取付 スティールメイト
5/7 7800キロ 2ストオイル補充 1L
5/12 7900キロ 洗車
5/31 8040キロ ラジエーター液交換
6/2 8040キロ ヘルメット新調
6/5 8150キロ ミッションオイル交換 カストロール
7/18 9025キロ 2ストオイル補充 1L 燃費は1225キロ/L
8/6 9150キロ フロント&リヤタイヤ交換 ダンロップGPR70
2005
2/5
9470キロ フロントフェンダー交換
4/2 10030キロ 2ストオイル補充 1L 燃費は1005キロ
5/21 10800キロ 2ストオイル補充(カストロール) 1L 燃費は770キロ
7/10 12000キロ ガソリンの燃費は18.4キロ
7/15 - 白フルカウル完成
7/28 12400キロ プラグ交換 デンソーIWM27
ミッションオイル交換 カストロール
8/12 12650キロ 2ストオイル補充(ホンダ) 1L 燃費は850キロ
2006
3/11
13235キロ バッテリー交換
5/12 13300キロ エアーエレメント交換
8/6 - 2ストオイル補充(ホンダ) 1L 
10/22 14900キロ 2ストオイル補充(ホンダ) 1L

メンテナンス記録 CELICA
2002
6/8
0キロ 納車
8/11 - インチアップ、タイヤ交換4本 ヨコハマタイヤDNA-GP
ホイール交換 SSR-タイプC
12/2 - 6ヶ月点検
2003
5/9
- 12ヶ月点検
6/12 21000キロ オイル交換、オイルフィルター交換、ミッションオイル交換、エンジンフラッシング
2004
2/9
35320キロ オイル交換
オートマオイル交換10L
3/8 37300キロ タイヤ交換2本 ブリジストン POTENZA G3 
5/27 37440キロ 12ヶ月点検
バッテリー交換、オイル交換、ワイパー交換(前2、後1)
9/7 41000キロ オイル交換、オイルフィルター交換、エンジンフラッシング
2005
3/23
46115キロ オイル交換、燃料ライン洗浄
5/19 47000キロ 車検初回
ファンベルト交換、ファンベルト自動調節装置交換
9/8
51000キロ オイル交換
タイヤ交換2本 ヨコハマ S-DRIVE
2006
6/14
57300キロ 12ヶ月点検
フロントブレーキパット交換
エアコンエアークリーニング
オイル交換

2002年のセリカのセリちゃん日記へ 2003年のCAR&BIKE日記へ 2004年のCAR&BIKE日記へ 
2005年のCAR&BIKE日記へ 2006年のCAR&BIKE日記へ 2007年の遊スポ日記へ
2008年の遊スポ日記へ 2009年の遊スポ日記へ

スピリチュアルライフ日記へ ベランダガーデニング日記へ