紫野ひかり 天然石リーディングサンプル

■ご相談内容

私は幼い頃から人と上手く接することが出来ずに年月が経ってしまいました。
4歳頃から今までの記憶が、人に嫌がらせをされて泣いていたなど悲しいものばかりです。

嫌われるのは自分におかしいところがあるからだと思い、常に周りに気を使い自分の感情を押し殺しているうちに、自分というものが分からなくなってしまいました。
今現在も息が出来ないほど苦しく、不安な気持ちがいつもあり、涙が止まりません。

対人恐怖症を克服し、一人前に働くことができるようになりたいです。



■お返事

こんにちは、祈ららの紫野です。

現在必要な石のリーディングのお申し込みをいただきまして、ありがとうございました。

リーディングができましたので、ご報告いたします。

これから説明する石のエネルギーは、今これらの石が、○○様に対してどのように働こうとしているのかということで、一般的な石の性質の説明ではありません。

現在の○○様とその石との出会いから生まれた、現在だけの、オリジナルの相性だと思ってお読みください。


「対人恐怖症を克服し、一人前に働くことができるようになりたい」という内容について、リーディングさせていただきました。

まず、身体全体の様子を見てみますと、下腹部、みぞおち、胸に、エネルギーの停滞が感じられました。

下腹部は、感情を司る場所です。
身近な人との関係や、身近な環境との関わり合いにも関係しています。

この場所に共感して選ばれた石は、マザーオブパールとさんごです。

マザーオブパールは、○○様が子供のころに受け取ることが必要だった、様々なエネルギー、無条件に愛され受け入れられるということなどを、与えてくれようとしています。

さんごは、リラックスして人と関わることができるようにしてくれます。
そしてその中で、ご自分の感情を、素直に感じて表現できるように、援助してくれます。

みぞおちは、社会との関わりに関係しています。
仕事もこの場所が司っています。
社会や人間関係上のストレスを感じるのもここで、防御しているのもこの場所です。

みぞおちと共感して選択された石は、ムーンストーンです。
社会との関わりから起こってくるストレスを、○○様にとって厳しすぎないように、ベールをかけてくれます。

胸は、家庭生活、日常生活、趣味の生活などに関する場所で、愛情や物質で満たされることを司っています。

この場所に共感して選ばれたのは、アクアムーンストーンです。

アクアムーンストーンもムーンストーンと同じように、心に感じる負担が強すぎないように、心を少しまひさせて、楽にしようとしてくれています。

心をまひさせると、現実にお仕事を進めていくという観点では、不利になってしまいますが、今はそれよりも、まずご自身のバランスを取り戻すことが先決だと、石たちは判断しています。


感情をみてみますと、恐怖、怒り、悲しみの感情が感じられました。

恐怖の感情を癒すために選択された石は、ラブラドライトです。

ラブラドライトは、心の中が暗闇になってしまった時でも、小さな明かりを灯し、違う道がある、違う考え方があるということを、教え導こうとしてくれています。

怒りの感情を癒すために選ばれた石は、ヘマタイトです。
怒りの感情は、強すぎると良くありませんが、人として当然いくらかは持っていた方が良い感情でもあります。

自然に沸き起こってくる怒りの感情を、ご自分で抑えて閉じ込めてしまわず、表現して洗い流してしまえるようにしてくれます。

悲しみの感情を癒すために選択されたのは、ガーデン水晶、ハーキマー型水晶、ブルータイガーアイです。
この場所に一番多く石が選ばれたのは、悲しみが、今最も○○様にとって重要な問題で、様々なことの原因になっているということです。

ガーデン水晶は、深い悲しみを無条件に癒そうとしてくれています。
心を静かに落ち着け、安定させてくれようとしています。

ガーデン水晶は苔状のインクルージョンが入った水晶で、植物と波動が似ています。
自然の中に出て行かれるのも、気持ちを落ち着けるのに良いと思います。

ハーキマー型水晶は、悲しみの原因になっているくもりを払いのけて、心を晴らそうとしてくれています。

強い意志を、宿そうともしています。
○○様自身の、変わろうという強い決心を、ハーキマー型水晶は求めています。
その気持ちがあれば、様々なチャンスを引き寄せてくれるでしょう。

ブルータイガーアイは、カルマをコントロールしてくれようとしています。
今の○○様の状態には、カルマがかかっているようです。
今現在、○○様は精いっぱいのカルマ浄化をされている最中なので、これ以上のカルマを出すわけにはいきません。
余裕ができた時には、できる範囲のカルマを、出してくれるでしょう。


感情の浄化をしてみましたら、小さな赤ちゃん用の浅いプールのそばに座って、水が流れるのを、ながめていらっしゃいました。

手を入れたり、足をつけたりするのは、抵抗があるようですが、水の動きを見ているのは、楽しめるようです。

このイメージを、お受け取りください。
・・・イメージを使ったワークの説明、省略・・・


全体の印象として、まず4歳以前に、何かあったのではと思います。
4歳ごろからの記憶はもう、悲しいことに彩られてしまっているのですから、記憶のないころに、原因が形作られていたんでしょう。

「人に嫌がらせをされる」のは、○○様自身がご自分のことを「自分は嫌がらせをされるべき存在」と思っていたからです。

そう思うようになったのは、周囲の人達からの扱われ方や、周囲の人達の生き方、考え方、置かれた環境からのメッセージなどを、ストレートに受け入れてしまったのが原因だと思います。

ご両親や周りのご家族は、○○様をどう思っていたと思いますか?
何か言われたやされたことで、印象に残っていることはありませんか?
幼いころの環境から、何かメッセージを受け取っていませんか?

その辺りを自覚されると、原因がつかめて楽になることがあります。

お生まれになった環境が、カルマを解消するために効率の良い環境だったのではないでしょうか。
それは、カルマ浄化にはいいですが、苦しい人生ということになります。

このカルマは重そうなので、少しずつ体験しながら浄化していくことになるということを、あらかじめ覚悟していなくてはいけなさそうです。
一朝一夕には、解決できません。
ほんの少しずつ、進んだり戻ったりしながらになると思います。

カルマ浄化の祈りをするということではなく、現実に、カルマを少しずつ受けていくという方法になると思います。
今の状態が、そうですね。

もし、とても安定できれば、霊の祈りができるかもしれませんが、健康第一ですから、無理をしたりあせったりはしない方が良いと思います。

けれど、ご自分を守りながら、できるだけ楽な気持ちで、進めていっていただきたいと思います。

まずは、バランスを取り戻すというのが、最初の目標です。
先ほどの質問の答えを考えてみたり、先のイメージの中で癒されてください。
石が、援助してくれそうですね。

安定感が出てきましたら、お仕事に関することへ、作業を進めていかれると良いと思います。

リーディングは以上でした。
どうぞご参考にされてくださいね。


後ほど、リーディングされた石を、ビーズやタンブル、さざれ石などでお送りいたします。

それでは、これからの発展と前進をお祈りしています。

祈らら・紫野ひかり



■お返事へのメール

この度はリーディングをしてくださり、どうもありがとうございました。
私はいつも自分に降りかかる出来事に対応することで精一杯だったため、自分の本心と向き合う余裕もありませんでした。
ですから今回、自分の魂がここまで傷つき苦しんでいたことに気付き大変驚きました。
 
また、「人に嫌がらせをされる」のは、自分のことを「自分は嫌がらせをされるべき存在」と思っていたから・・・の部分は衝撃を受けました。
四歳以前の記憶が無いため、自分が周りから何を言われたのか分かりません。

ただ私は生まれたとき、へその緒が首に巻きついていたためオギャーという声もあげなかったそうです。母も病院の方も大変心配したそうです。そして退院して実家に母と一緒に戻ると、突然大声で泣き出したそうです。家族が心配して病院に電話をすると「環境が変わったので驚いて泣いているだけですよ」と言われたそうですが、このような幼い時に既に神経質な部分が表れていたのです。
 
また、私が生まれたとき、曾祖母は入院していました。祖母が会社勤めをしていたため、曾祖母の看病はすべて母がしていました。母は私をおぶって病院にいっていたそうです。
何年か前に、母はその当時の心境を話したことがあります。曾祖母の介護で心身ともに疲れ、私たちの面倒も見なければならない、そのストレスから曾祖母に凄い八つ当たりをしていたと言うのです。
 
自分の幼い頃の環境はこういう中にありました。この中で私は恐怖心が芽生えていったのでしょうか。

また幼い頃から両親とも折り合いが悪く、家でも私は孤立した存在でした。
私が育った環境は、カルマを解消するために最も良いものだったのでしょうか。それならば仕方が無いと思いました。これから何とか強くなり、困難を乗り越えていかなくては、と思います。



■2度目のお返事

>  ただ私は生まれたとき、へその緒が首に巻きついていたため
>  オギャーという声もあげなかったそうです。

この体験は、大変な体験ですから、神経質という言葉でとらえるのはよくありません。
この時、どれほど怖い思いをしたでしょう。
この何時間かの間に、この世の恐ろしさを、魂にきつく刻みつけられてしまったでしょう。

これが、すべての始まりだと思います。
よく思い出されましたね。

ここに、傷ついた子供がひとりいます。

・・・インナーチャイルドの癒し方の説明、省略・・・

この子供の気持ちが安らぐことができれば、○○様ご自身の気持ちも、安らぐはずです。

>  また、私が生まれたとき、曾祖母は入院していました。祖母が
>  会社勤めをしていたため、曾祖母の看病はすべて母がしていました。
>  母は私をおぶって病院にいっていたそうです。

このような大変な環境の中で生まれると、どう感じると思いますか?
自分が必要とされない存在、いない方が良い存在と感じてしまうと思います。
この気持ちが、「自分は嫌がらせをされるべき存在」に結びついていったと思います。

ここにもひとり、傷ついた子供がいますね。

・・・インナーチャイルドの癒し方の説明、省略・・・

この子供の気持ちが徐々に落ち着いてくれば、○○様ご自身の気持ちも、落ち着いてくると思います。

ふたりのインナーチャイルドが見つかりましたね。
よかったです。
前進ですね。

>  私が育った環境は、カルマを解消するために最も良いものだった
>  のでしょうか。それならば仕方が無いと思いました。

そうです。起こったことは、何でも良いことだったんですよ。
でも、今こうして変化の糸口をつかんだということは、カルマもそろそろ終わりへ向かう、折り返し地点に来たということかもしれません。

急に全部が終わってしまうという風にはならないと思いますが、今までがつらかったのですから、少しずつでも楽になれば、幸せだと感じることができると思います。



■2度目のお返事へのメール

紫野様のお陰で、自分がこのようになってしまった根本原因が見えてきました。
 
生まれたとき、へその緒が首に巻きつき声もあげられなかったことが、全ての始まりだったとは・・・。今は記憶がありませんが、このときの私は本当に恐怖の中にいたのだと思います。退院して実家に帰ってからの生活も、恐ろしいことの連続でした。
 
インナーチャイルドとは、こうして傷ついたかつての自分のことを言うのですね。紫野様が教えてくださったように、こうした子どもの心を癒してあげようと思いました。
 
今まで生きてきた中の思い出は、悲しいものばかりでした。
しかしこれほど重いカルマだとは思いませんでした。
これは前世で相当悪いことをしてきた報いなのかと考えました。
前世の記憶も全くありませんが、因果応報は恐ろしいです。
  
紫野様、そして素敵なサイトに巡り会うことが出来、私は幸せ者です。
苦しくても今まで生きてきて良かったと心から思います。
本当にどうもありがとうございました。



■皆様へ

このサンプルでは、偶然トラウマの話題が深まりましたが、天然石リーディングでは、普通は、トラウマについて具体的にはわかりません。トラウマやインナーチャイルドについて深く探りたい方は、インナーチャイルドカウンセリングへのお申込みをおすすめします。

天然石リーディングに限らず、鑑定、インナーチャイルドカウンセリング、デイリーヒーリングでも、常に試行錯誤を続けていますので、いつも同じではなく、徐々に内容が変わりますので、ご了承願います。

紫野