■■■ 紫野ひかりの車とバイクのお話です 2005年■■■
セリカSS-Uと
NSR250R-SP‘94

2002年のセリカのセリちゃん日記 2003年のCAR&BIKE日記 2004年のCAR&BIKE日記 
2006年のCAR&BIKE日記 2006年の遊スポ日記 2007年の遊スポ日記
2008年の遊スポ日記へ 2009年の遊スポ日記へ

スピリチュアルライフ日記へ ベランダガーデニング日記へ

★2005年12月28日「湘南ワインディング」

バイクのカウルは、まだ取れていません。だからその奥のバッテリーも、取り出せていません。やっぱり、お休みになっちまった・・・。バイクに乗るのは、ウエアのおかげでそう寒くはないとわかっていますが、バイクをいじるのが、寒いし時間がないし。それに、山に行くのも道が凍ってそうで、怖い・・・これが一番の悩み。

先日鶴岡八幡宮へ車で行きましたが、いつも通り、うちから鎌倉までは低い山をふたつ越えて、裏道で行きます。このごろ、ゆっくりだらだらぼんやり運転が板についていますが、右も左も林という景色になると、反射的に目覚めるんですね〜。しかもちょっと前を行く車がいる。こういう場面では、ねずみかバッタを見つけた猫みたいに、がぜん生き返ってしまうんです。

アクセル踏んで、ダッシュして、前の車を追いかけてしまいました。そのベンツもダッシュして、逃げる逃げる。もう住宅地に入って、私はやる気がなくなってるのに、どんどん逃げていっちゃいました。

ごめんねえ・・・、つい、おもしろかったから。でも、アオリとまでは言えない車間距離は開けてましたよ。

バイクをメンテしても、走る道がないんです。ふつうの道も、高速も、私にはあまりおもしろくなくて、おもしろいのは椿ライン。太陽の一番高い時間なら、冬でも走れるかなあ・・・。椿ライン行きたいよ〜、車で行こうかな。車で行ったら、バイクで来たかったようって、悲しくなるだろうなあ。


★12月6日「バッテリー上り」

またやっちまいました・・・。10日ぶりにNSRに乗ろうとしたら、カチカチカチカチ・・・。10日で上ったのは、新記録。

その前にひと騒動。二輪置き場から、NSRを押して歩いているときに、ヒップバッグがずり落ちたんです。それで一度NSRを停めて、ヒップバッグを拾って、また押し始めたら、動かなかったんです。

理由がわからなくて、バイク屋さんに来てもらったら・・・ギアが入ってたんでした。もお〜〜自己嫌悪!恥!走っていて、信号待ちでギアを入れてしまってエンストとか、そういうのはたまにありましたが、朝出かける前にやったことがなかったので、老NSRに何か起こって、どこか部品がぷっつんして、賢いNSRが自分でロックかけたのかと思っちゃいました。

それからキックしてるうちに、カチカチカチカチ・・・。バッテリーをはずすためには、シートカウルもはずさなくちゃいけません。どうせはずすんなら、ロスマンズに付け替えてしまお。冬の間はバッテリーにさわったり、出し入れしたりが多いだろうから。

バッテリーが上がったとなると、開き直って、しばらくバイクはお休みかな〜。いやいや、休んでなんかいたら、また乗り方忘れてしまうから、だめだめ。

それにしても、ゴールドウィンの冬用ジャケット、キックをくり返したり、NSRを二輪置き場へ押してもどしたりするだけで、暑くて汗かきます。すごい防寒性能だ・・・。これから、ほんとに寒いときは、自転車に乗るときも、これ着るようにしよ。


★12月5日「免許更新忘れ」

秋にNSRさんが事故りまして、自分の事故は何ともないのに、人の事故でなんとなくちょっとブルーになったのと、秋からベランダガーデンのブームがやってきたのとで、バイクで遠くへ行く機会が減ってます。遠くと言ったって、どうせいつもの椿ラインです。

で、なんと、免許証の更新を忘れていたことに気づきました!で、さらにブルー・・・。うへえ・・・。

今日、朝早くから出かけてきました、また二俣川の試験場です。なぜかいつも、ここって寒いんですよね。今日は暑いくらいに暖房が効いてると思ったのに、途中からやっぱり寒くなりました。

視力検査、写真撮影、違反者講習2時間、筆記試験と実技は免除で、再交付を受けてきました。私は毎回マイナス1点で、違反者講習です。講習では、この時ならではの、恐ろしい話をいっぱい吹き込まれました。払った料金は6000円くらいかな。次回の更新時は、初更新ということになり、初心者講習を受けなくちゃいけないそうです。えーん。

最後に安全運転自己診断というのが実施され、私は「荒っぽい運転」という判定になりました。健康で元気な人や若い人はこれになりやすいそうで、全体の半数くらいの人があてはまるそうです。

もうひとつ「自信過剰運転」の判定も。でもねえ、ライダーだったら、両方の判定になる人が多いだろうと思いましたよ〜。

無免許だってことに気づいたので、この土日にバイクにエンジンかけられなかったから、早くエンジンかけなきゃ、かからなくなるよ〜。


★11月13日「アカオ ハーブ&ローズガーデン」

熱海から南へ数キロ、135号線沿いの「アカオ ハーブ&ローズガーデン」に、バイクで行ってきました。きのうは風が強かったので、今日にしました。本当は、日曜日は道が混むから嫌なんですが。

私は植物が苦手で、関心もあまりなく、植物が好きとか得意とかいう感覚は全く理解不可能でした。植物園なんていう場所に足を運ぶ人の気持ちがわかりませんでした。以前、鎌倉市に住んでいたとき、植物園が近くにありましたが、一度も訪れませんでした。

それが何だ、ひと月前から急に、目覚めちゃったよ。ベランダのハーブと野菜は全部で60種類ほど。ちゃんと本を読んでお勉強すれば、どれもみんな、すくすく育って、楽し〜!園内を歩きながら、人って変わるもんだね〜私がこんなところに来るなんてと、自分にあきれていました。

久しぶりの遠出だったので、疲れました。最近の土いじりで、腰が少し痛かったので、バイクに乗るのもちょっとつらかったです。この左の腰の痛みは、右肩を打ったときにセットで傷めていたんだと思います。

山の傾斜ぞいに敷地が広がっていて、山の頂上近くまでバスで連れて行ってもらい、後は1キロほど、園内を歩いて降ります。山の頂上には神社がありました。ご祭神は大山祗命。祈ると、とても優しく迎えていただけました。ここで腰の痛みが取れました。

ここで腰の痛みがすっかり取れて、帰りも帰ってからも痛まないということは、筋肉の都合というより、霊障なのか・・・?物理的な理由はどうだか知らないけど、右肩が良くなったら、左腰が始まったんだよね・・・憑いてたものが、お引越ししただけか・・・。

帰りは、日曜の夕方恒例の大渋滞。トンネルの中で警告灯が点灯し、水温が122度だと知らせてきます。涼しくなっても、まだだめなんだなあ。125度まで上がったところでトンネルから出ました。

熱海から辻堂まで55キロのうち、車が時速5キロ以下で走っていたのは半分くらい。車だったら、帰るのにどんだけかかるやら。

西湘パーキングエリアは、帰りのバイクだらけ。みんなぴっかぴか。ああ、バイクの洗車磨き上げサービス、どこかでやってくんないかなあ。

今日は秋用デニムジャケットで、少し汗ばむところあり、涼しすぎるところもあり、ちょうど良かったのかなあ。来週位からはもう、冬用じゃないとだめかな。皮ツナギの人も多かったです。

今月号のバイク雑誌で、バイクで神社のお祭りに出かけるという記事があり、こんな風に見えるのか、結構いいじゃんと思いました。だけど、いい感じに見えたのは、さりげない服装だからだろうなあ。



2005.10.8 ししどの窟P
★10月8日「ししどの窟(いわや)」

今日もくもりだし、雨降るかもしれないし、風があるし、用事をすませる日にしようと車で移動していたらむくむくとわいてくる気持ち、バイク乗りて〜!椿ライン走りて〜!

用事が終わって帰ったのが2時半。それから革パンはいて、デニムジャケットを着て、お天気が不安なので近所だけふらっとしようと思ってたのに、西湘バイパスに乗っちゃいました。

真鶴道路の料金所で、「そこのねじがゆるんでるよ〜、締めなおさなきゃ」と教えてくれました。「あっほんとだ、どーもー♪」と愛想良く答えましたが、そのねじは、社外カウルになってからは、すぐにはずれてしまうんだけど、落ちないように作ってあるねじなので、一応大丈夫なのよ〜。

湯河原に着くと、雨がぽつぽつ。あ〜、だめか〜、でも行ってみよう。うまくいけばししどの窟までいけるかもしれない、だめだったら椿ラインに入れないかもしれないけど。

山はグレーの雲をかぶっていましたが、椿ラインの入り口へは入っていけました。でも道がウェットでがっかりかと思ったら・・・少し入ると乾いていて、普通に走れました。今日は、3速キープにしてみた。やっぱ、この方が走りやすい。2速だとギアが合ってなかったなあ。

久しぶりだったので、ゆーっくり制限速度(30〜40キロ)〜プラス10キロでコーナリングしてました。なんかふわふわするのは3速のせいか、フロントサスをゆるめたせいか、どっちなんだろ、両方かな?ギアを上げたので、当然ですが、軽ーくなりました。それでバンクが深くなって、ちょっとびびりました。

でもなんか今までと違う、変な新しいくせがついてる。左コーナーだけ、内足でステップを踏みつけてしまう。なんだろう、これ。やだな〜。

ししどの窟にバイクを停め、空を見たら、山から山へ大きな虹が出ていました。ああ・・・ここは修験の山です。山のご神仏様、ありがとう!2ヶ月ぶりの乗りはじめに、歓迎してくれたのかなあ。虹は1〜2分で消えてしまいました。

大観山までは行かずに、帰りました。だって、ほんの30分くらい近所をふらついて帰るつもりだったんですから。

タイヤを見たら、9分目まで使ってました。2ヶ月ぶりで、夏までの乗り方とは変わったのか、ギアとサスセッティングを変えたせいなのか?あんなにバンクさせられなくて困ってたのが、うそのよう。

あー、運動になって気持ちよかった〜!まだまだ暑くて、汗かいた!


★10月1日「八菅(はすげ)神社」

バイクで、愛川町の八菅神社まで行ってきました。7分袖Tシャツ、デニムジャケット、革パンでしたが、暑かったです。

神社に石段があって、汗で革パンがはりつきまくり、足が上がらない。行きは、初めてのところだからがんばって真正面から階段を上りましたが、帰りは女坂でのんびり下りました。

後で箱根にでも行こうと思っていましたが、何かしんどいな〜と、無理せずうちへ帰りました。どうも、軽く風邪をひいてるみたい。スーパーかどこかでうつされたのかな。

すべり台シートには、さらばできていませんでした。合皮でも、Gパンじゃ、つるつるしてすべり落ちてしまいました。でも今日は久しぶりに革パンだったので、ようやく後ろに乗って足で運転できて楽だった〜。

1ヵ所、ハンドルフルロックしなきゃいけない場所があり、ハンドルとタンクの間に手が挟まって、怖かったです。やっぱ、このバイクじゃ、Uターンとか怖いよ〜。


★9月22日「すべり台シートにさらば」

すべり台シートなので、Gパンだと前乗りになって嫌で、遠くへ行けませんでした。そこで、自分ではりつけた厚さ1ミリのゴムシートをはがし、3時間かけて強力接着剤をちびちびはがして、バイク用合皮シートをはりつけました。これでもうすべり台じゃなくなっただろう!

て言ってる間に、もう革パンの季節だったりして。ああ〜、おばかさ〜ん。それでも、うれしい。すべり台じゃなくなった、わーい!


★9月18日「MotoGP 日本グランプリ」

今日は、嫌ーーな感じがしていて、ロッシが転倒するんじゃないかと思っていました。大したことなければいいけど、万が一、万が一それがロッシの最後のレースになったときのために、テレビで生中継を見ながら、ビデオでも録画することにしました。

生放送の最初に、ロッシが予選で失敗したことを言っていたので、嫌な感じはこのことだったのかと思いましたが、やっぱ、コケてしまった・・・。ロッシ、日本とは相性が悪いんだなあ・・・。体は何ともなかったみたいで、良かったですが。

あー、つまんない。ロッシが優勝したら、見に行きたかったなあって思っただろうけど、転倒したんで、見に行かなくて良かったって思ってしまいました。

玉田選手が3位に入って、これは良かった。青木選手が250ccで優勝して、これも良かった。


★9月17日「居合い抜き」

満月ツーリングでした。きれいな満月だったので、今回は演奏があるぞと思っていましたが、演奏者は明日のMotoGPのため、ツインリンクもてぎにいるとのことで、演奏はありませんでした。

MotoGPに行った人は、会場のどこかで見ようと思えば見れるんですねえ。今年はMotoGPじゃなくて、こっちでいいやと思っていたら、両方とももてぎのものでした。

代わりに、居合い抜きというのを披露してくれた人がいまして、本物の日本刀を振り回すのを、初めてみました。これは悪霊ばらいになりそうだな〜と思いました。実際、演じられたのは四方を清めるための型だということでした。

例によって、いろんなことをみんなに質問しまして、いろいろと解決しました。私にとっては、大事な情報源になっています。

リアサスペンションは、NSRは1本だから、調整は一ヶ所でOKだって。あそっか、言われてみたら当たり前でした。

それから、バイクで富士山の五合目まで行けるのかどうか、ずっと気になっていたのできいてみたら、だめだそうでした。CB1300みたいなトルクの太いバイクなら大丈夫だけど、大体のバイクはだめだそう。筋トレして行って、途中からNSRを押してけだって。ふんっ!

後ろを走っていた人が、ブレーキランプが点いてないと教えてくれたので見てみたら、ほんと、点いてません。NSRさんがバックステップをつけてくれようとしたときに、コネクターをはずして、そのままなんだと思います。ぎええええ。

最後までお茶してたのは、Nチビで一緒にサーキット走行した人ばかりでした。ただツーリングしたことがあるとかだけじゃなく、サーキット走行を一緒にすると、仲間意識が強くなってる気がしました。私は降りたのにな・・・。

私を含めてその4人のうち、普段から山道でハングオンしてるのは、TZRさんと私の2人。あとの2人はハングオンの仕方があまりわからなさそうでした。それなのにNチビではちゃんと腰を落としてひざも擦って、私よりも速く走ってたので、不思議でした。Nチビは小さいので、そうなってしまうのかな?

確かに、Nチビではハングオンの動作っていうか、倒し込みのきっかけを作ってバイクに任せながら外足でコントロールしていくなんていうことをやってる暇がなくて、何がなんだかわからないまま走るしかない感じだったんです。あそこのコースがそういうコースだったということもあります。

みんなの話を聞いていると、みんなは速く走りたいっていう気持ちが強いんだなあと思いました。速く走ることが楽しいみたい。だからNチビでも速く走れたんですね。私はコーナリングにはまっていて、スピードにはあまり関心がないんだと思います。


★9月13日「腰痛」

急な腰痛というのを初めて経験しまして、びっくりしたのですが、右肩をかばって左半身に負担がかかっていたことと冷えが原因でした。このごろ暑いし、すべり台シートが嫌で、あまりバイクに乗っていなかったのも、運動不足と冷えを招いて良くなかったみたい。

冷えだなんて、悲しいわ。肩の痛みは本当に良くなって、少しくらいなら重いものを持っても何ともなくなりましたが、ここまで治るのに1年以上かかったし。あ〜、年なのかなあ・・・。

バイクは運動になるって言っても、肩や腰は固定させていて、レプリカだと負担になるばかりだし、体にはもっと他の運動の方がいいのかも。整骨院へ通ってみて、体を柔らかくするということがどれほど大切かわかったので、やっぱ、ヨガがいいかなあ。

今日はかなり良くなったので、エンジンをかけました。このひと月ほどはずっと、週に1回、近所をふらっと回る程度です。

乗ってみると、やっぱし楽しいんだなあ・・・バイクの挙動が体に伝わってくる感じや、自分がコントロールしてる感じが、やめられない。それに、NSRに触れてるだけで、何でこんなに気持ちがいいのか不思議。何でなんだろう?鉄なのに、機械なのに、何でこんなに水晶に触れてるような感じがするんだろう?


★9月8日「セリカのタイヤ交換」

セリカのオイル交換をしたついでに、タイヤを2本換えました。溝が減ってきて、ゴムも劣化してたので、寿命です。原油価格高騰で来月からタイヤの値段も上がるそうなので、今日換えることにしました。

前のヨコハマタイヤが静かで気に入っていたので、同じものにしようと思ったら、その後継タイヤになりました。17115円を2本、工賃1020円、廃タイヤ処理代250円、ローテーションサービスで36830円。もっと安いタイヤかと思ってたら、やっぱり適当に高かったんでした。

タイヤをはずしてみたら、釘がささっていて、パンクしてました。何ちゅうタイミング。

女性のメカニックでした。汗だくで作業してくれました。がんばってね〜。


★8月29日「セテ・ジベルノー」

今年は、motoGPのテレビ放送予定をチェックして、大体毎回見ています。今年のmotoGPはロッシがひとり勝ちしていて、私はうれしいですが、ロッシの最大のライバルであるはずの、ジベルノーの負け方には、唖然としてしまいます。

前回のドイツでは、1位を走っていたジベルノーが、最終周ですぐ後ろを走っていたロッシを振り向いたために、オーバーランして、ロッシに抜かれました。その時のアナウンサーの「セテ〜!」という叫びが印象的でした。

今回のチェコでは、ロッシとジベルノーがいつものように抜きつ抜かれつして1位がめまぐるしく変わっていましたが、最終周、1位を走るロッシを、もう一度ジベルノーが抜きにかかるのを誰もが当然と見守っていたはずですが、ジベルノーはガス欠でバイクが止まってしまい、リタイヤ・・・。アナウンサーの「呪われてるんじゃないか」というコメントが印象的でした。

映画やドラマじゃないのに、毎回、あまりのドラマチックな展開に、今年はみんな口をぽかーんと開けて観戦しているでしょう。

でもなんかなあ・・・情けなさ過ぎる!ロッシのかけるプレッシャーに、毎回まんまとかかってしまうのは、ジベルノーの人間性を感じるけど、今回はメカニックまでロッシのプレッシャーに負けてたのか?

次は日本です。日本でロッシが優勝すれば、ロッシの今年の優勝も決まります。会場はツインリンクもてぎ。ここはホンダのサーキットですから、ホンダは何としてもロッシに優勝させたくないでしょう。今年は、中野選手ががんばっているし、お客さん、たくさん入りそうですね〜。

9月18日、テレビではどこかで生中継してくれるのかな〜、ダイジェスト版の放送かな〜。いつも日本テレビで夜中にやってますが、どうなるのかな。

バイクのレースを、初めてテレビででも見ると、怖くて見てらんないと思うかもしれませんが、がまんして見てるとそのうち慣れてきますから、どうぞごらんください。きゃはは。せっかくの日本グランプリなので。


★8月28日「サス調整」

初めてサスアジャスターに触りました。フロントをまず最強にして・・・と思っても、どうしても回りません。手で回すタイプにするなら、手で回る固さに作れよ!とブーブー怒りながら必死で回していましたが、反対方向になら回ることに気づきました。なんと、最強になっていたんです。

何で〜!?前の人、体重、重かったのかな・・・。サービスマニュアルの通り、7回もどしました。

リアはマイナスドライバーで軽々。リアは少し弱めになっていました。???今まで、フロントがちがち、リアふわふわで乗ってたのか〜。

リアサスのアジャスターって、2ヵ所あるんだよね?1ヵ所どこにあるのかわからない。ショップか誰かに聞かなきゃ。

サスペンションを純正にもどしてどうなったか、近所を走ってみましたが、全然わかりませんでした。今日もGパンで、前乗りしかできなかったからかな。革パンで山に行くと、わかるでしょ。


★8月26日「台風11号」

昨夜〜今朝にかけて、台風が相模沖を通過しました。私はいつも通り11時半ごろには寝ましたが、夜中、夢ともうつつともつかない意識の中、NSRの警報アラームのようなヒュイーン、ヒュイーン、ヒュイーンという音を聞きました。

あれは、うちのNSR?そーなんだろか、むにゃむにゃ・・・・。しばらくするとまた、ヒュイーン、ヒュイーン、ヒュイーンと大音量。やばっ!と目が覚め、時計を見たら3時過ぎでした。台風の突風が吹くたびに、鳴ってたみたい。

パジャマのまま走っていって、アラーム機能を停止してきました。あああああああ・・・・バイクの近くの人、眠れないよ〜!って怒ってただろうなあ・・・・ひえええ・・・・。ごめんなさい、ごめんなさいと心の中でくり返しました。

直接怒りを向けられたらコワイ・・・・こうやって想念で謝ると、現実に怒っている相手を見なくてすむし、相手の無意識へちゃんと伝わって、相手の怒りも解けるしで万々歳。

台風の時には、NSRのアラームのことを思い出そう。


★8月19日「満月の夜走り」 

恒例の、満月の夜走りをしてきました。NSRは、社外カウルになってから、エンジンの熱気で熱いです。Gパンだとヤケドしそうで、遠出できない感じです。

もうすべり台シートで、後ろに座ろうという努力はやめました。タンクにべったりはりついて前乗りしましたが、この方が余計な力をかけなくなるので、乗りやすさはましでした。

「明日は仕事で、練習に来られないんだね」と言うTZRさんに、私はレースに出たくないから、もう練習には行かないと話しました。TZRさんは、少し寂しそうな、急に距離を感じた表情だったような・・・。でもなぜか私は、コース走行は楽しみたいけど競走はしたくない気持ちだから、仕方がありません。

今は、サーキット走行だけを楽しむために、走行会を探しているところです。

シフトダウンの仕方は、やっぱりあおるんだそう。この前の話は何だったんだ〜?でもそういうのは、街中走行で使うことは、まずないって。

カストロールの2ストオイルは、値段の高ーいのじゃなければ、だめだそう。2ストオイルは、各社純正品の中でもヤマハのRSというのが一番いいらしいので、今度それを入れてみます。

あー、もっと走りたいなあ。でも昼間は暑いし、夜に遠くへ行くのは、道の異変も見えにくくて危ないので、涼しくなるまでおあずけ。


★8月16日「夜走り」 

夜になってから、江ノ島までバイクでお散歩してきました。11日ぶりに乗ると、もう下手になってる・・・!すべり台シートだから、Gパンのせいかも。普通の革ブーツが、軽いこと軽いこと。

もう、夏はあきらめました。暑さには耐えられるけど、あせもに負けました。昼間は乗りません。2週間乗らないとバッテリーが上がるので、夜だけたまに、近所に出かけます。

2週間前に洗ったばかりのヘルメットの内装が、前回のミニサーキット走行でもう汗臭くなっていて、がっかり。また洗わなきゃ。なかなか乾かないんだよね〜。

TZRさんに、シフトダウンの時、両手は何もしない、ただ左足でシフトペダルを下げるだけと言われたので、そうしてみました。簡単にシフトダウンできる・・・これも2スト乗りなんだろか。ブレーキと同時にシフトペダル以外何もしないシフトダウン、このやり方に早く慣れたいな〜。

先日、NSRさんがバックステップをつけてくれようとしましたが、形が合いませんでした。その時、シートカウルをはずして、取り付けなくちゃいけなかったんですが、手こずり、タンクが傷だらけに。あ〜〜・・・・・。こんなんじゃ、バッテリーの取り出しのたびに、苦労しなくちゃいけない。このシートカウルには小物入れがないし、社外品って、使い心地悪。

そのNSRさんが、どのバイクが一番楽しいか、聞かれていました。NSRさんのバイク歴は、NSR250、大型スーパースポーツ3台、オフロード1台、Nチビ、他にもあったかも。NSRさんは、乗っていて楽しいのはNSRだと答えていました。じぃ〜ん・・・うるうる。

2ストオイルをホンダ純正にもどしたら、よく回るようになりました。カストロールは、オイルの種類選びが、まずかったのかな。

やらなくちゃいけないことメモ。アイドリング調整。シートのゴムのはがれた部分を接着。サス調整が純正の状態かどうかチェック。

そうそう、またひとりNSR仲間が増えました。彼いわく、自分のNSRにはサス調整機能はついてないのだそうで、彼に、サスセッティングを一度純正の状態に戻した方がいいと教わりました。そんないいものがせっかくついてるんだったら、ちゃんと触ろうと思いました。


★8月6日「Nチビ走行会3回目」 

またミニサーキットを走ってきました。10分X2本。いろいろ試してると、走り方に慣れなくて、タイムは変わりませんでした。

ブレーキをかけてからシフトダウンじゃなく、ブレーキと同時にシフトダウンするようにしたら、ブレーキングの時間が短くなりました。こりゃいい。2スト専用の乗り方だそうです。

リアブレーキは、使わなくても全然へっちゃらでした。でもくせで、つい足が出てしまいます。

ギアを上げて曲がったら、うそみたいに曲がりやすくなりましたが、立ち上がりが遅くなりました。

日陰にいて、風が吹いて涼しかったので、今日は1リットルしか飲み物を飲みませんでした。それでも汗でかぶれたみたい・・・。


★8月2日「Nチビの走り方」 

サーキット走行の先生は、レース経験のあるTZRさんです。時間があれば、みんなでコースの攻略法をあーでもないこーでもないと話し合っています。その内容ったら、サーキット走行初心者の私には、へえ〜?と驚くことばかり。

TZRさんは、シフトダウンしてからブレーキだと言いました。そんなこと、そんなこと、初めて聞いたよ。そんないきなりのシフトダウンでも、あおる必要はないって。ほんと〜?2スト50ccだからかな。

立ち上がりで失速してる私。ブレーキは最低限にして、とにかく回転を下げないようにしなきゃいけないんだな。

リアブレーキは使わないという人が半分以上。フロントブレーキだけを使うと、すぐにロックするからだめって、教わったじゃん〜?

アウトインアウトじゃなく、インベタ傾向で走れって。なぜか、私のライン取りがきれいとほめられましたが、私にはわけがわかってません。

自分の乗り方が、遅いのに派手ではずかしいと話していたら、私の乗り方なんぞ一番おとなしいくらいだと言われてしまったので、もっと動くことにします。これはちょっと、うれしかった。もっと動いていいんだ〜。デレ〜。

500メートルほどのコースの中に、ヘアピンコーナーが3つ、90度コーナーが2つ、ゆるいコーナーが7〜8ヶ所と、小さなコーナーだらけの狭いコースです。そこをNチビで走るのって、とにかく操作が忙しい・・・1回目はただ必死で走っただけだったけど、これは難しいことをやってるんだと、わかってきました。

Nチビに乗れば上手くなるっていうのは、こういうことなんだな。パワーがないので、ごまかしがききません。でも、できるようになりたい。はまってきたかな〜。

しかしまー、サーキット走行に本気になってきたら、NSRさんが誘ってくれる、サーキットの走り方を誰かに教わりたいと思ったら、TZRさんが教えてくれる、灼熱のサーキットは嫌だと思っていたら、いつも相模川からのいい風が吹いていて結構しのげる、何から何までうまくいって、笑ってしまいます。これも現実創作ね。(執着や恐怖を捨てれば、誰でもできること)


★7月31日「Nチビ走行会2回目」 

Nチビでのサーキット走行、2度目になりました。7〜8分を2本走りました。今日は、かなりブーツに慣れたせいか、タイムは4秒縮まって43秒となりました。もうサーキットの中で一番遅くはなくなったみたいで、何台か追い越しました。まだ、走り方がよくわからないので、まだ速くなっていく予定です。

何度もつま先をすりました。転倒の日以来でした。

今日のNチビは、バックステップになっていて、ステップが1センチ後ろになっていたのが、すごくしっくりきて良かったです。ステップとペダルの感覚が広いので、ブーツが引っかかりにくいし。気に入ったので、自分のバイクもそうします!

暑いのに、早く着てみたくて、レザースーツで出かけてしまったので、初スーツになりました。アンダーアーマーはやめて、普通に、Tシャツ、インナースーツ、レザースーツにしました。脱ぎ着は少ししにくくなるけど、暑さがこっちの方がうんとまし。

ばっちり着てるのは走行時間だけで、後は一日中、上はTシャツ1枚なので、そう暑くはありません。でも走行時間の7〜8分で、スーツの中は全面びっしょり。集中力が続かなくて、これ以上走れませんでした。

朝出かける前にトイレに行ってから夕方まで、水分は1.8リットルとっているのに、全然トイレに行きたくならないんです。そんなに汗かいたのかなあ。

帰り道は、ついカッ飛ばしてしまった・・・。時々サーキット走行すると、普段の走りも速くなってしまうと思います。

こうして休憩の方が長いような走り方をすると、疲れないのはもちろんのこと、朝よりもバリバリ元気になって帰ってくるのはなぜだろう。モータースポーツってそういうパワーがあるのかな。スポーツはみんなそう?


★7月30日「椿ライン1.5往復」 

先日、プラグとミッションオイルを交換してもらい、具合はどうかと期待していたんですが、エンジンが回らない・・・。どうも、2ストオイルが怪しい。いつものホンダの純正品ではなく、カストロールを入れてみたんですが、値段が安かったので、ちょっと不安でした。もうすぐ終わるので、またホンダにもどしてみて、どうかな。

レーシングブーツは、ずーっと家具の下敷きにしていたら、ほんの少しやわらかくなって、シフト操作がしやすくなっていました。でも、バイクをおりると、一歩一歩が重くてつらい。歩きたくない・・・座って休んでいても、ブーツのしめつけがきつくて休まらない。

下道が混んでいるのが分かったので、箱根新道で上ったら、新道に入ってすぐに対向車がパッシング。続いて、バスがパッシング。しばらく行くと、パトカー3〜5台と白バイが何台か、まるで何かのイベントみたいに、何であんなに人が必要なのかと思いました。

バスまでパッシングしてくれるとは。箱根のバスは、私たちみたいなレプリカのバイクがどんな走り方をしているか、よーくよーく知ってますからね〜。

大観山は涼しかったです。今日は下界も涼しかったですが、それでも革パンとアンダーパンツ、長袖メッシュジャケットとTシャツ、それにレーシングブーツ、革のグローブ、フルフェイスヘルメットとなってくると、暑くてくたくたでした。汗が止まらないのにくらべたら、良かったですけど。

椿ラインでは、また事故でレッカー車が来ていました。たぶん不慣れな車のよう。慣れていない車やバイクは、制限速度未満で走りましょう。全線30キロ制限になるんじゃないかって、ひやひやです。もっと悪いと2輪通行止めとか。

でも、事故率はバイクよりも車の方が圧倒的です。事故っているバイクは、革ツナギのはっやい人は見たことない、ツーリングで道に慣れてなさそうな人ばっかです。

大観山はきれいになって、営業再開していました。良かった良かった。

去年のうちは3速キープ、今年は2速キープで走っていましたが、やっと私もシフト操作をしはじめました。すると、ブレーキも強くかけなくちゃいけなくなり、ブレーキングのニーグリップからひざ出しに移行する動作が、なんかうまくいかない・・・。シフトダウンもいまいちうまくいかない・・・。

大観山で、レプリカに乗った女性が、発進していく姿が、とても上手でした。レプリカの人たちは大体上手なんですが、女性もやはり上手な人がいます。ただ発進して行っただけですが、動作がなめらかで、バイクと一体化しているんです。私もいつか、あんな風になれるのかなあ。


★7月24日「夏のセール」 

この夏のセールで購入したものは、ラフ&ロードでレーシングブーツと脊椎パッド、ナップスで2ストオイルの買いだめと、ミッションオイル、プラグ、工具数点、ステップとペダルのスペア(転倒した時のため)、タンクバッグ、バイクカバーで終了となりました。

ミッションオイルとプラグは、後ほど交換してもらいに行きます。タンクバッグは1泊程度の旅行に対応できる、ちょっと大きめのものを買いました。北関東で開催される、各種イベントにも参加できるように。バイクカバーは、タンクやカウルへ傷のつかないふわっとした生地のもの。

一番欲しかったのは、パンチングメッシュの革パンでしたが、手に入りませんでした・・・。夏用メッシュのジャケットも、男性用Mは着心地が悪いので、いいものがあれば買い替えたかったんですが、気に入るものがありませんでした。

きのう、ナップスで買い物を終えて、バイクのエンジンをかけると同時に地震で地面が揺れました。エンジンを止めるかどうか迷いましたが、こんなちょいがけで止めたら、もうかからなくなるかも・・・。ま、メカニックのお兄ちゃんたちがいっぱいいるから、頼めば押しがけしてくれるだろうけど。エンジンをかけたまま様子をみていて、収まったので、そのまま帰りまました。

自分で貼り付けたゴムのシート、革パンでは気になりませんでしたが、Gパンで乗ると、すべり台みたいに、すべる、すべる!前乗りしかできなくなっていました。ああ〜〜、パンチングメッシュの革パン、欲しいよ〜。クシタニにあるみたいだけど、5万円は高いから、もちっと安く。

店内の貼り紙を見て、今日、ナップスにアレンネスさんから出張テントがやってくることがわかったので、革スーツのジャケットを持って、また出かけてきました。手首のサイズ直しについて聞いてみたら、2万5千円くらいかかると言われて、ショック・・・。もうちょっと着てみて、革ののび具合をみてから、また考えることにしました。

その時に、レディースのメッシュジャケットがないのかどうか聞いてみたら、来年発売予定とのことだったので、メッシュジャケットはそれに期待することにします。来年は、ベイツの男性用ジャケットから脱却できるかね〜。

ということで、夏服は充実しませんでした。早く夏が終わってくれ〜。アレンネスのスーツ着たいよ〜。



二俣川試験場
★7月16日「試験場の講習会」 

神奈川県警察運転免許試験場で開催される、二輪車安全運転講習に、初めて参加してきました。二俣川の試験場へ集まったのは、100台ほどのバイク。今回は、参加人数がとても多かったそうです。

自己申告で4つのクラスに分かれます。ホンダのスクール(HMS)の「入門」「初級」「中級」「上級」と同じ程度かと考えて、私は2つ目のクラスへ。車両点検とブレーキとコーナリングフォーム(リーンウィズ)を教わりました。どれも基本的なことでしたが、きちんと教わってみると、何でも役に立ちます。でも、次回は、3つ目のクラスで良さそう。

まだよくわからないけど、ここの4つ目のクラスは、HMSの中級と同程度かな。やっぱり何といっても警察だからね〜。一般道ではやっちゃだめというテクニックは、教えませんよね。エンジン音からして、かなり静かでした。

自分のバイクで走ったので、バンクは簡単にできるけどハンドルを切るのが大変だと痛感したり、ブレーキはこのくらいまでかけられるという限界がわかったりして、NSRへの新鮮な驚きがありました。

半日で、保険料のみ130円。HMSのようなサービス満点とはいえませんが、インストラクターの方や白バイ隊の方たちは、みなさん親切でフレンドリーで、いい雰囲気でした。

今日の服装は、Tシャツにメッシュジャケット、アンダーアーマーに革パン、ブーツでした。もー、汗だらだら。午後はナップス世田谷店まで行ったりして、暑さで疲れました。このスタイルでは、夏はもたん。もたんよお〜。

BVDの吸湿速乾素材は、気に入りました。汗で全面じっとり状態になった後、生地の乾くのが、肌が乾くよりも早いんです。かぶれもなかったし。カッティングはワコールがいいんだけどなあ、残念。

バイクは、タンクを残して白バイになりました。ヘルメットまで白でおそろい。シートカウルに小物入れがないので、工具などの必需品は、タンクバッグに入れて持ち運ぶことになりました。

シートがスポンジ状のゴムだったのですが、これがとんでもないハイグリップシートで、このままじゃ、ライディング時に腰を滑らすことが不可能!1ミリ厚さのゴムシートとゴム用接着剤を買ってきて貼り付けたのが、思いきりシロウト風で、カッコ悪くなりました。遠くからは見えません。

シートは全体にノーマルよりも少し高く、足つきが悪くなりました。ライディングフォームも前傾がきつくなりましたが、地面から高くて前傾がきついのって、何かその気にさせてくれる感じがして悪くはないんですけど、やっぱり停止時には不安です。


★7月12日「機能性ウエア」 

アンダーアーマー、ワコールのCW-X、ミズノのアイスタッチ、他にもクールマックスを使ったスポーツウエアメーカーのTシャツ、バイクウエアも定評のゴールドウィンとか、バイクウエア専門のラフ&ロード、はたまたBVDやユニクロまで、ドライ&クールを追求した機能性スポーツウエアを出していることがわかり、びっくりしました。流行ってんの?

アンダーアーマーの下着類は、アウターとしても着られるようになっているみたいで、その上にぴたぴたアンダーアーマーを着るのは、ゴロつきそうでした。

CW-Xの下着類は、ワコールのカッティングですからフィット感は良かったんですが、汗をかくとゴムでかぶれました。

これから、BVDの下着類と、パーソンズスポーツとウィッテムのクールマックスTシャツが届きます。

夏をバイクに乗って過ごすのは、今年が初めてになりそうで、夏の衣装計画をあれこれと考え中。パンチングメッシュの革パンが欲しいのに、レディースは見つかりません。


★7月10日「芦ノ湖まで1往復」 

アンダーアーマーの長袖が届いたので、着てみて、その上にメッシュジャケットという服装で、江ノ島まで行ってきました。半袖Tシャツよりも涼しいのを期待していましたが、あぢい〜!がっかり・・・。これじゃ、この上にパンチングメッシュじゃない革スーツを着るなんてことは無理。

あー。パンチングしてもらおうかと思うけど、この夏はやめておいて、ひと冬過ごしてから決めることにします。

午後は箱根へ。大観山が閉鎖なので(もう営業開始したかどうか不明)、最近は芦ノ湖で休憩することにしています。

レーシングブーツは二つ折りにしていたら、足首が楽になり、シフトチェンジには抵抗がなくなりました。しかし、つま先は相変わらず引っかかって、停止するときに足がなかなか出なかったこと、数回。このままだと、いつかコケるぞ。

現在、ブーツを家具の下に敷いて、つま先をつぶし中。でもあんまり効かないので、NSRに踏んでもらう必要があるかも。先日のサーキット走行で転倒して、後続車に足を轢かれた人がいたんですが、レーシングブーツだったので何ともなかったという位、丈夫なブーツです。

今日は、午前中の暑さで疲れていたので、普通の革パンで行きました。

久しぶりに燃費を計算してみたら、18.4キロでした。2ストオイルが800〜900キロ前後/Lというのも、かなりいい数字らしいです。相変わらず油断すると前輪が浮くので、エンジンの調子はいいみたい。でも11年前のバイクだし、延命のため、ガソリンはハイオクに変えました。違いは全然感じません。


★7月3日「レーシングブーツの練習」 

レーシングブーツの慣らしのために、椿ラインへ出かけてきました。足首があまり動かないので、ただでさえつま先立ちなのに、さらに足つきが悪くなりました。これだと左が少しでも低くなっているのに気づかないで停止したら、立ちゴケしちまう。何とかブーツを、早く柔らかく伸ばしたい。シフトペダルに引っかかって、うまくチェンジができないのも、何とか慣れたい。

今日は、いつもより5キロスピードアップしました。というのも、きのうNチビでサーキット走行したので、アクセルを回す気持ちになったのと、Nチビであんだけ走れるんだから、NSRだったら全然心配ないやって、安心したのも大きいです。

あんまり遅いと、バンクセンサー付で走るのはカッコ悪いけど、もうこのくらいだったらいいや。上手い人から見れば、下手な人ほど危なっかしくて、革ツナギ着ろ〜って思ってるはずだし。

それに、このごろ膝を出さないで走るようにしてるけど、バンク角が深くなってくると、やっぱ膝で着地できるもんならして、角度を探った方が安心なんじゃない?Nチビ走行の時、膝出してたら擦ってたかも〜と思ったし。

サーキットの走りは、峠とは微妙に違っていました。山を安全に走るのと、見晴らしのいいコースを思いきり走るのとでは、違って当然ですね。

椿ラインは2往復で限界かも。ずうっと左右に体重移動し続けるので、右ひざが痛くなるんです。これは、フットブレーキ使わないことにして、ステップを踏みっぱなしにすれば問題がなくなりますが、フルブレーキのあと、フロントブレーキだけ残して、足はステップに全部もどす?

椿ラインのあと、来宮神社に参拝して帰りました。帰りは小雨が降り出し、湘南まで帰ってくるとしっかり降っていました。信号で止まっていて、青で発進しようとしたら、リアタイヤが滑って、一瞬ドリフトみたいになりました。いや、もしやフロントが滑った?ちょうど用水路か何かの金網の上に、どっちかのタイヤが乗っていたのかもしれません。金網じゃなくて、ただの白線かも。すぐに立て直すことができて良かったけど、発進であんなことになるとは・・・雨の日は、すり抜けにも注意が必要だな〜。

今日一日で、2回エンストしました。どうも、ブーツが知らないうちにシフトペダルに引っかかって、ギアを落としてしまうみたい。1.5センチ大きいサイズでゴツくて大きいんです。それでも足首は、きつくて痛いくらい。

たった1日ですが、きのうよりはシフト操作がスムーズになり、足つきもわずかにましになりました。今日履いていたのがブーツカットの革パンだったからかも。次回は、革スーツのパンツにレーシングブーツで練習してみよう。


★7月2日「初サーキット」 

NSRさんのNSR50を使って、みんなでミニサーキットを走ってきました。コースは海老名のビーチサイドグランプリ。1周500メートルほどのコースを、10分X3本走りました。

初めて履いたレーシングブーツが動かしづらくて、シフト操作ができん・・・。自分のNSRでもつらいんです。だからサーキットでは、シフト操作しませんでした。これから何ヶ月かかけて、ブーツに慣れていかないと。

タイムは1分4秒からスタートして、47秒で終わりました。とっても遅かったです。今日サーキットにいたすべての人の中で、一番遅かったでしょう。一番速かった人は、30秒位。常連さんは35秒以内くらい。普段サーキット走行していなくて速い人で36〜40秒くらい。

椿ラインでも、街乗りでも、車でもそうなんですが、去年の転倒以来、私はスピード感覚が変わったみたいで、以前よりもいつでもどこでも去年までより10キロ遅く走るようになりました。これじゃあ、急に速くは走れないよね。

NSR50は、とってもいいバイクだと思いました。挙動がNSR250とよく似てる。低速トルクがなく、エンジンブレーキがきかなくて、くるっと簡単に曲がります。ブレーキがよく効くので、小さくても安心。今まで乗ったことのある250cc以下のバイクの中で、NSR250以外では一番素晴らしかった!

だけど、ちっちゃくて不慣れで、ブーツが硬くて、ブーツのつま先がぶ厚くて、シフト操作はできませんでした。どう走ればいいかもよくわからなくて、なんか、いまいち楽しい走りにならなかった感じ。

あのサーキットに、自分のバイクで走りに行こうと思っていたんですが、うーーーん、やっぱ躊躇します。コケたらどーすんだ?今日もひとりコケて、シフトペダルゆがんだし。やっぱ、いろんな走行会に参加するような形が安心かな〜。一緒に走った人達のうち何人かは、Nチビサーキット走行にはまったみたいで、ひとりで行くという人も出てきましたが、私はやっぱり・・・んーー。

それにしても今日は、くもりで直射日光がなく、風はそよそよと涼しくて、絶好のサーキット日和でした。


★6月26日「アンダーアーマー気に入った!」 

アンダーカウルを完成させて、椿ライン2往復してきました。先日注文したアンダーアーマーは、下だけ届いているので、アンダーアーマー(くるぶしまでの厚手のタイツ状)に革パン(冬用なので、パンチングなし)、上は半そでTシャツにメッシュジャケットという服装でした。

今日は気温は26度まで上がり、タイツ+革パンで、本当に大丈夫なのか不安でしたが、上半身暑いのに下半身はすっきり。しかも革パンの中で足がするする動くし、Gパンじゃなくて革だから、グリップもして、ライディングがしやすい!何か、うまくなったみたい〜。走りはじめから、ごっきげんでした。めっちゃ気に入った!早く上(長袖Tシャツの形)も来ないかな〜。

ようやく、安心してNSRに身をまかせてコーナリングできるようになってきました。「ほーれ、左コーナーだよ、NSRちゃん!」「はいよっ」「次、右ヘアピンだよ、NSRちゃん!」「はいな!」てな感じで、NSRにトスを上げて、それをNSRが打ってくれる・・・そんな、連係プレーをしてる気分。そうそう、この信頼感が楽しさのひとつなの。

安心できると自然にバンクは深くなり、タイヤは9分目まで使えてました。イヤター!椿ラインにいる他のバイクたちは、タイヤのカドがないんですけどね。

大観山は、今日はトイレも閉鎖されていました。7月にリニューアルオープンだと、書いてありました。

バイクで転倒した人がいたみたいで、救急車で運ばれていました。椿ラインを走っていると、事故を見慣れてしまうかも・・・。


★6月22日「レザースーツを着てみた」 

きのう、レザースーツが届いていたので、今、着ています。部屋の温度を24度にして。

お店で試着した時にも思いましたが、精神的に弱い人だと、着られなさそうだと思いました。あまりの束縛感の強さに、身の危険を感じますから。これを着たまま骨が折れたりすると、脱がせることができなくて、革を切り開くこともあるんじゃないだろか。いつも服を着るスピードを頭の中から捨ててから着はじめないと、いらいら感がつのって、パニックに陥りそう。

それでも、パンツはちょうどいい感じ。これ以上大きいと、よれよれになりそう。問題は、上の方。

前のファスナーは、思ったよりもスムーズに閉まりましたが、手首が痛いんです。私は、手首が太いというわけじゃないんですが、先日4着試着した時にも、1点1点痛みを感じる場所が違ったので、この1点はたまたま、手首が小さめに仕上がっているのかもしれません。

このまま長時間着ていると、うっ血するかも。手首のファスナーを4〜5センチ閉めないでおくと楽なんですが、だめかなあ。ここだけ、1センチ大きくしてもらおうかなあ。今着てるインナーが、スーツのおまけでもらった男性用Sなので、長すぎるせいかも。アンダーアーマーはさすが海外メーカー?まだ到着しません。

最初から装着されているウレタンの脊椎パッドを取って、もっとしっかりした脊椎パッドを背負うと、また前が苦しくなるのかなあ。できるだけ、薄いのを買わなきゃ。

体力や腕力をつけるために太りたくて、せっかく少し太れたのに、もうちょっとやせてた方が都合が良かったなんて。

着たままパソコンを打っていると、打ちにくいです。でも、立っているよりは座った方が楽。バイクに乗る格好をすると、一番楽です。腕はまるく曲がったままでまっすぐにならないので、お猿さんスタイルです。

お店で選んでいた時は、似合うかどうかは全然考えもしなかったので、似合ってないだろうなと思っていましたが、おお、意外と良かったかも。ちゃんと、顔に映えるようにということまで考えてデザインしてあるのかな。

それにしても、これからロボットでも操縦しに行くみたい。あはは!


★6月21日「押しがけ成功せず」

昨日の夜、椿ライン走りたさに、半泣きでアンダーカウルを削り、装着してはまた削りをくり返して、やっと何とかアンダーカウルも着けました。

ところが朝見てみたら、他にも4〜5ヶ所、車体と少し干渉してる。あ゛〜〜、社外品ってやだ。でももう、今日はがまんできん。そのまま出発。

大観山レストハウスは、また閉鎖していました。今度は、自動販売機まで撤去していました。トイレは自由に使えます。ここは、これからどうなっていくのかなあ。

夜になってから、鎌倉のライブハウスへ出かけるためにエンジンをかけようとしたら、1回目で失敗して、それきりかからなくなりました。1回目の失敗で、プラグがかぶったもよう。

押しがけに挑戦してみたけど、何度やってもだめ。走って押すのはコケそうで怖いので、またがったままとろとろ、足こぎスタイルでしかできないから。これだと時速5〜6キロにしかなりません。汗だくになったので、着替えて、車で行きました。

パワーが落ちてるし、そろそろプラグ交換かな、でもエンジンはいつも簡単にかかるから、もうちょっとしてからと考えていたのでした。もう早速交換するぞ。


★6月19日「白アッパーカウル装着」

カウルのやすりがけは簡単にできて、アッパーカウルが装着できました。アンダーカウルもつけてみたら、チャンバーと干渉してる。チャンバーの熱で溶けるかなと思いつつ、そのまま走ってみたら、音がひどくて、あかん。町内ひとまわりでもどってきました。

アッパーカウルだけで、近所に買い物。今日は、これでおしまい。こんなんじゃ、走った気がしない。箱根に行きたいよお〜。

これから、アンダーカウルのチャンバー部分を、やすりで削ります。


★6月18日「2ピーススーツ購入」

アレンネスの青い2ピース以外のものが、自分のものになる気がしなかったので、買いに行ってしまいました。ナップスで、一応、他のメーカーでもあるかどうか聞いてみて検討しましたが、やっぱりアレンネスになりました。

色がないので、近所のメーカー直営ショップに立ち寄って、もらって帰ることになりました。ナップスと直営ショップの両方に行くことになる気がしていたので、道は調べてありました。そこでサイズが大きすぎますよという話になりました。サイズをひとつ小さくすると、脊椎パッドを装着して着て、前のファスナーがぎりぎりで閉まる感じ。

「うちの製品は立体裁断なので、ぴちぴちで着ていただいて、ちょうどです。ゆるめにすると、後で後悔しますよ。私たちを信じてください」とまで言われたので、ぴっちぴちの方にしましたが、ちょっと不安です。このままではつらいので、毎日家の中で着て、ラナパー(革用クリーム)も塗って、早く革をやわらかくしようっと。

ファスナーが閉まりさえすれば、それでちょうどみたいな感じだと、先日買った中古のワンピースも、あれでちょうどいいのかも・・・。でもあれは、ワンピースじゃないとだめという時しか、着たくない。

今までの自分の装備は、割ときちっとした方だと思っていましたが、革ツナギ(正確にはツナギじゃないけど)はさすがに安心感が違うと思いました。パンチングを申し出ると、秋からつらくなる、ほとんどの人はパンチングしないから、まずはそのまま様子を見てと言われて、パンチングなしになりました。買ったのはナップスなので、キャンペーン価格5%引きで94000円。MFJマークがついてなかったので、結局、後日送ってもらうことになりました。

バイクのウインカーを取りはずし、アッパーカウルをはずして、白カウルに付け替えようとしましたが、白カウルはねじ穴の位置がずれてる。穴が小さくて、ねじが入らないところも多数。それで、やすりを買ってきました。これから、白カウルの穴あけをやります。

明日には、アッパーカウルだけでも着くのかな〜。せっかく、梅雨の晴れ間だから、走りたいよ〜。


★6月15日「ウインカーがはずせない」

NSRを白バイに仕立てるために、まずはアンダーカウルとミドルカウルを取って、エンジンをまる出しにして、そのままコイン洗車場で、洗車しました。洗車場での洗車は、納車以来初めてです。洗車ガンの水圧で、エンジンまわりのぐちゃぐちゃしたところが、きれいになりました。

それから、フロントのアッパーカウルを取ろうとして、ウインカーをはずさないとカウルが取れないことに気づきましたが、ウインカーのはずし方がわからない。んーーー、んーーー、んーーー?

夜で暗くなったので、はずしかけのアッパーカウルを元に戻し、夢の中でもウインカーのはずし方を考えまくり、朝起きたら、わかりました。そっか!夢の中で考えた甲斐があったのかな〜?

今度、晴れた日に、また挑戦します。相変わらず、ひとつ進むのに知っていれば1〜10分でできることを、初めてのことは数日かかって、えっちらおっちらやってます。

今回、ミラーをはずすのに、以前購入した、ラチェットハンドルを初めて使いました。ソケットをはめて、くるりんくるりん、おほほっ♪おほほっ♪きゃははは〜の快感でした。


★6月12日「ホンダの講習会3回目」

会員の期限切れが迫っているので、1年ぶりに参加してきました。レディース初級にしました。今度は女性ばっかだし、楽勝かも〜と、るんるん楽しみにしてました。

当日は梅雨の晴れ間で、いいお天気。でも何となく気持ちはくもり。あれ?その理由は、講習会が始まったらわかりました。

今回借りたのは、前に自分でも乗っていた、ホーネット250。車庫から受け取って押し歩くと、重い・・・NSRに慣れた身では、何を触っても重い。これで気持ちがブルーに。

またエンジンのかけかたがわからず、教えてもらいました。車のように、一生懸命に、キーを回してかけようとしていました。

今回は慎重に発進したので、植え込みに突進しないですみました。しかし走り始めると、低速トルクありすぎ、エンジンブレーキききすぎ、ブレーキ効かなさすぎ、ハンドリング重すぎ、レスポンス唐突すぎ、これまた、今日一日の敗退を悟りました。

そら、NSRと比べたら当たり前、それがやっとわかってきました。私には乗りにくい、でも何でなのか、今までは全然わからなかったけど、わかるようになっただけ良かったかも。

去年のVTR250のような、ハンドルが切れ込む感じはなかったので、その点は安心でしたが、レスポンスの唐突さが一番つらく、初めのうちに、スピードを出すということはあきらめて、一日中ゆっくり走りました。

今回は、最も苦手なUターン中心の内容だったので、勉強になったと思います。まだ試してないけど、NSRでもできるようになったかな〜。いつもの狭ーいコースも、今回やっと何とかマトモに走れるようになりました。どうせ走るなら楽しもうと思って、体は外へそらせて、思いきり深くバンクさせて走りました。体の動きが派手だと、い〜気持ちなの〜。

4ストマルチ(というエンジンのタイプ)の驚きはいろいろあっても、一番驚いたのが、ローにして半クラッチにするだけで前進したこと。まるでオートマの車みたいじゃん!これって何〜?NSRでは考えられん。だって、NSRは3500回転以上で、やっと発進ですから。

バイクも違うし、走り方もリーンアウト(バイクは内側へ倒し、体は外側へ倒す)主体で、コースはジムカーナ風。ここは私の求めてるところとは違うということも、やっとわかりました。そういう走り方を覚えるということも役に立ちますから、ちょっと魅かれるけど、遠いし、会員の更新はしませんでした。

やっぱり一番憧れるところへ行った方がいい!何でもそうだと思いました。

以前NSRで検索をして知った人が、私がこれから練習に行こうかと考えている、ミニサーキットのコースレコードを出しているということを、サーキットの情報で知りました。ふーん、あそこのサーキットに行けば、会うこともあるのかなあと考えながら、昨日、久しぶりにその人のサイトを見ていました。

今日、講習会の休憩中、となりでやっていたジムカーナの大会に目をやると、ちょうどその人の名前が呼ばれて走り始めました!何ちゅう偶然!私はすっかりその人の走りを見ることができました。

ジムカーナには、NSRが多数出走しています。そのNSRたちは全部、カウルを取って、エンジンガードを装着して走っていました。ああすればいいんだ〜!先にここへ来て見ていれば、白カウルは買わなかったかも〜。


★6月7日「椿ライン」

午前中に往復しました。今日は、はじめのころを思い出して、街中でもどこでもコーナリングの全てで、まあるく走らず、きちっと向きを変える場所を意識するようにしたら、去年の感覚がまた少しもどってきました。そうだ、こうやって曲がると、どこでも思い通りのラインで曲がれるんだった。

つい夢中になると忘れてしまう、ニーグリップ(ひざでタンクを締めて操作する)を始終意識して、コーナリングの最中は片手片足がいつもフリーになっている感覚でいるようにしました。

ゆるいコーナーはエンジンブレーキをきっかけにしてリーン(バイクを傾ける)するようになりました。

速度は上がらないけど、安定感が出てきました。箱根に行くと、いつも何か気づくことがあり、走りがどんどん変わっていくのが楽しさのひとつでもあります。

あーでもまだ、タイヤは8分目まで。最初よりも2度目の方が、上達が遅い・・・。

大観山で休んでいると、話しかけられました。この人、話しかけてこようとしてるなとわかったので、背中を向けてたんですが。嫌な人というんじゃなくて、平日の箱根往復は急いでいるから。

「4スト250だと、こういう所は上ってくるのが大変です」(4ストは2ストよりもパワーがない)
え、そーなんだ〜。
「2ストは、下りが怖くないですか」(2ストはエンジンブレーキがあまりきかない)
私はエンジンブレーキを普段から使わないせいなのか、乗り比べたことがないせいなのか、何ともないんですけど。

平日にしては、バイクがいつもより多かったです。梅雨入り前なので、走りに来てるんですね。大観山には、10台ほど止まっていました。通り過ぎていくバイクも結構いました。

白いフルカウル、GETしました!定価55000円ほどのところ、45000円位で。ああ、ロスマンズにさよならなのか〜。そして数限りなく転倒して、ぼろぼろバイクになっていくのか・・・。


★6月5日「加波山まで」

私にはめずらしいツーリング、茨城県の筑波山の向うの、加波山まで行ってきました。バイクで大黒より向うへ行くのは初めてでした。前日の睡眠1時間がたたって、当日は9時間寝たのに、まだ体が変でした。

大黒で、あまり疲れてないと思いながらも休憩してみたら、思ったより疲れていて、なかなか出発できませんでした。

湾岸のように速度の速いところも、初めて。常磐道へ入ると、さらに流れが速くなります。で、気がついたこと。120キロより速く走ると、風圧で頭がぐらんぐらんして、普通に走れん!風を避けようとしてバイクに張りついてると、カーブがうまく曲がれん!

すごい風だと思って走ってるのに、風速計?のこいのぼりみたいなのは、だらーん・・・。うそっ、信じられん、すごい風じゃん!次のこいのぼりみたいなのも、だらーん・・・。ショック・・・。

加波山の山道は人も車もほとんどなく、狭くて走るどころじゃない、ここでは絶対にコケられないと、緊張しました。辺ぴなところへバイクで、ひとりで出かけていくのは、とても危険だと思いました。もうしません。

帰りのある交差点で、坂道発進&すぐに右折&前は民家で道なし&その民家の前に子供がいるという場面で、発進に失敗、エンストして右に1/3バイクが倒れました。あ、もうだめと思いましたが、右足にうまく車重が乗ってバランスしていたので、右に降りて持ち上げ、立ちゴケを回避!ああ〜〜、NSRちゃん、いーこ、いーこ!

帰りはまめに休憩しながら走りましたが、休憩してもすぐに疲れます。はあ〜、バイクは体調が万全でないと、大変。それに、速く走るのって、やっぱり私はあまり興味ないかも。あの風が嫌い。NSRがそういう走り方に向いてないのかな〜。椿ラインくらいの低速コーナーを連続でクリアしていくのが、NSRには一番楽しいです。


★6月1日「ビーチサイドグランプリ見学」

湯河原から海老名に引っ越してきた、小さなサーキットを見てきました。50cc以下しか走れないのかと思っていたら、排気量の規制がないらしいので、NSR250でも走れます。

学校の校庭より狭いかもしれないほどの、ちっちゃなコースで速度も低く、サーキットというより練習場というようなイメージ。トイレがきれいじゃないと嫌だな〜と思っていたら、結構きれいで、いいかも〜。

今日は100ccくらいのモタード(オンロード用タイヤをつけたオフロードバイク)と400ccくらいのネイキッド(ふつーの感じのバイク)2台が走っていて、ネイキッドの1台は女の子でした。3人それぞれ、走り方がとても違っていて、感心。こんなに違うもんなんだ〜。

NSRでも250ccだと狭くて大変かも。ここだと、ジムカーナに向いてるかな〜。

一番速かった人が転倒していました。あー、転倒間違いなしだな〜。転倒対策、考えないとなあ。NSRにはエンジンスライダーがつけられないから、つらいよ。


★5月29日「アンダーアーマー注文」

皮ツナギのインナーとしていいらしい、アンダーアーマーを注文しました。(野球選手のアンダーウエアとしての方が有名みたい)在庫がないので取り寄せになりました。これを着たら、先日買った皮ツナギもするっと脱げるかも。楽しみ〜、早く届かないかな〜。
※ アンダーアーマー http://www.underarmour.co.jp/top.asp

その中古の皮ツナギ、元はとてもいいものだったらしく、クシタニ製なので新品時は25〜26万円が普通みたいです。シロウト目にも、皮が分厚くて柔らかくて、いいものに見えます。そうとわかると手放すのが惜しい・・・もしやっぱりきつかったとしても、今後やせた時のために置いておこうかな〜。

サーキット用でセパレートでレディースサイズを作っているのは、アレンネスぐらいしかないということもわかってきました。他のメーカーだと、フルオーダーになるので高いです。アレンネスはデザインがいいから、うれしいんだけど。新品を買うことになるかな〜。新品となると、黒白にするか、青白にするか迷う〜。本来私は黒が好きではないんですが、将来もしかして赤や黄色や、万一緑のバイクに乗ることになった時のことを考えてしまいます。


★5月24日「レーシング系装備」

装備に必要で、これから最初に買うべきなのは、皮ツナギ用インナーウエア。12000円位?
これも欲しい、脊椎パッド。2万円位?
このふたつを揃えてから、皮ツナギ中古1〜2万円、新品だと12万円位。
これもないと困る、レーシングブーツ3〜4万円。

レーシンググローブは、春のセールでカーボン付を購入済み。アルパインスター。15000円位だったかな。薬指と小指がつながってます。それ見た時、何のためにそうなってるのか想像して、怖〜って思いましたが、これのおかげで小指を紛失しないですむかもしれないので、買いました。

それからぜひ欲しいのが、NSRのカウル一式。ペイントなしの白いやつに付け替えて、転倒に備えます。いくらだろ。5万円くらいでは、ないだろか。
持ち運びしやすい工具も、何点か欲しい。

・・・出費だ・・・安めのバイク一台買うような出費。ぼちぼちいきまひょ。


★5月22日「ライダーたち」

はじめのうちは、ひとりで箱根まで走りに行くことが、少し不安でした。何かあったら、どうしよう。転倒したら・・・メカニックなトラブルが起こったら・・・。でも今は、不安はほぼありません。

それというのも、だんだんとライダーたちの性格がわかってきたから。普段は全く知らない者同士ですから、当然知らんふりしていますが、知らんふりの中にも、何か暖かさを感じます。あ、女性だと思うと、心配してくれているのがふんわり伝わってきます。

相手が女性でなくたって、だれかライダーが困っていたら、すぐにお互いに助け合いになるだろうことが、雰囲気からよくわかります。ライダーは交通弱者の立場を自分で選び、誰でも怖い思いは何度もしたことがあり、かなりの人が大けがもしたことがあり、みんな大変な思いをしながら、それでもバイクが好きで乗っていることがわかっていますから、お互いへの思いやりを感じます。いい人たちばかりです。

この感じ・・・昔の武士たちも、こんな感覚だったんじゃないだろか。いつも危険と隣りあわせでいて、いつどこで死ぬかもしれないことも日ごろから覚悟してたんだな。だから、いつ死んでもいい、執着のない生き方をしてたんだな。そんな運命を選んでいる者同志は理解と共感があり、恐らく敵であっても、心の中で仲間意識でつながっていたんだな。私はこういう感覚を思い出したくて、バイクに乗りはじめたのかも。

そういえば、嫌な車はたくさんいますが、嫌なライダーって、見たことないかもしれません。普通に乗っているだけでも危険なので、一部の車のような迷惑な走りをしていたら命取りなんです。遅いライダーが、後ろから来たライダーに、さっとゆずらないことは、超初心者以外にはありませんしね。私もよくゆずり、よくゆずられますから、気持ちよく走れます。

バイクの実力差というのは、開きが大きいと思います。私が椿ラインを走っていると、突然、背後に誰かいるんです。だんだん近づいてくるのは、あまり速くない人です。気がついてすぐにゆずったら、誰もが手を振りながら追い越して行き、次のコーナーを曲がるのは見えるけど、私がそのコーナーを曲がると、もういません。あーいう人達はちょくちょくサーキット走行やレースをしてるんだろうなと思います。もちろん皮ツナギ族の方々です。

制限速度を守るライダーは少ないし、すり抜けは当たり前なので、車から見たら危なっかしくて仕方がなく見えるでしょうが、ライダー同士では、ほぼ全員の人がライダーうちのマナーを守って走っているんですよ〜。


★5月21日「スランプ?」

椿ライン1.5往復。どうしても曲がれん。それでもプラス5キロなんてことは、一応なくなりました。プラス10〜15キロと、去年のはじまりレベルになりました。

でもなんか変。バイクを寝かせようとしてるのに、肩が寝かすまいとするんです。この肩の出しゃばりを何とかやめさせようと思って、後ろの方に乗ってみたら、うまくいきました。やっとNSRのくるんと曲がる曲がり方が、少しもどってきました。気を抜くと肩がまた抑えにかかってくるので、気をつけて後ろに座ります。

これは、私の気持ちが怖がってバンクさせまいとしているのか、肩の筋肉の固さが転倒後まだとれないから、勝手にこうなってしまうのか、よくわかりません。

私なんかよりも、うんと優秀なNSR。何をしようとしても、NSRの方で先導してくれるような感じがあるバイクです。NSRの邪魔をしなければもっとうまく走れるはずなのに、肩がNSRを抑えこむので、変な走りになります。

これって、スランプっていうものかなあ。曲がらないいらだちや、曲げてやるっていう気負いとかで、ますます肩を固くしてるのかなあ。

今日は、エリーゼがガードレールに突っ込んでいました。あ〜、きれいなお顔が台無し、修理にもお金がかかるだろうなあ。土日は、2回に1回は、事故車を見る気がします。

しばらく椿ラインでパトちゃんに逢っていません。そろそろかなあ。コーナリング途中ですれちがったらどうしよう〜、フルバンクしてても止められたりしないよね?

夜更かしして、MotoGPを見ました。ロッシがまた優勝して、良かった。私のパソコンの壁紙は、ロッシの笑顔のアップです。パソコンを終了するたびに、曇りのないロッシの笑顔を見て、ふふっと笑っています。

MotoGPのゲストに、ノリック(阿部典史選手)が出ていて解説していましたが、とーってもいい感じの人で、すっかり好きになりました。声が鈴のように響く人で、けがれの少ない、心のきれいな人だと思いました。


★5月20日「ハングオン」

ハングオンで曲がると、強く簡単に曲がれます。練習すれば、誰でもできることだと思います。クロールで泳ぐ程度の運動神経で大丈夫。

ハングオンならどんなカーブでも余裕で曲がれるので、とりあえず覚えてしまえば、そればっかでどこでもOKになったのでした。

ハングオンしないで曲がるのは、難しいです。車体の方向転換が甘いから曲がりがゆるく、はらんでしまいます。

自分の感覚はいったいどうなってるんだろうと混乱していましたが、それで当たり前なんだとわかってきました。ハングオンすれば、他にテクニックがなくてもどこだって曲がれます。コースアウトの危険が減るので、道がきれいで見晴らしがきけば、この方が安心です。

でもテクニックがついてくると、ハングオンしないカーブが少しずつ増えてくるのも確か。自分にとって、必要がないからハングオンしないというカーブが増えていきます。無理にバイクを立てて走る方法を探すのは疲れるばっかりなので、上手くなって自然にハングオンが減るのを期待するように、考え方を変えようかと思うようになりました。

とりあえず、ひざにバンクセンサーが欲しいんです。バンクセンサーのない皮ツナギなら中古でよく出ていますが、バンクセンサーつきでセパレートでと注文が多くなると、なかなか見つかりません。どうしてもなければ、アレンネスの新品皮ツナギを考えはじめました。


★5月19日「セリカ車検」

今日、車検に出してきました。見積もりでは14万円ほど。これにエアコン等の故障保険をつけて15万円。ベルト鳴きするので、交換になったら16万。お金が出て行く・・・でも来月で、ローンが終わる!セリカのローンがなくなったらその分、どうしようかな〜、うれしいな〜。

4速に入らなくなったのは、そういうスイッチを私が知らない間に押してしまっていたからでした。げそっ。使おうと思ったこともなかったので、その存在を忘れていました。

代車はbB。動作が緩慢で、ハンドルはセリカよりも大きくて重い。アクセルを踏むとゆっくりと、でも意外に軽く加速して、アクセルから足を離してもスピードが落ちない。エンジンブレーキがきいてません。直進安定性がいいので、まっすぐだとどんどんスピードが出ていて気がつかない感じ。シフトレバーがハンドルの左後ろ、エンジンブレーキがクラッチの場所にありました。運転席と助手席の間には何もありません。背が高いし、後ろも横も前もよく見えます。セリカが見えなさすぎか。

何よりも、車内が浄化されていなくてきついので、できるだけ乗りたくありません。あー、出かけるのが嫌になった。ガソリン満タンにして返すように言われたし。ディーラーさんを変えたのです。今まで遠かったので、一番近いところに。早く明日の夜になれ〜。


★5月17日「朝練」

湯河原経由で椿ラインと大観山へ、午前中に往復してきました。箱根新道との料金差は10円でした。だったら、こっちの方が海沿いで道がきれいで、いいや。

漫然と走っていてもちっとも変わらないので、昨日の夜、近所のくねくね道で軽く練習しました。練習の練習。ライテク本も、最初から読み直し。

その成果なんでしょうか、今日はコーナリングスピードが5キロアップしました。少しリズムがもどってきた感じ。だから大観山ではちょい、機嫌が良かったです。

下りはいつもと違う感じで下りてみた。ストレートで開けるのが嫌いなんですが、開け気味にしてみました。すると、ホンダのライディングスクールで教わったような走りになりました。あー、あそこではこれをやらされてたんだと、やっと気づきました。あの走り方は、こういうところで役に立つわけだ。すごーく納得。

ストレートで開けると、なぜかコーナリング速度は遅くなりました。ストレート重視、コーナリングはゆっくりっていうことね。でもたぶん、コーナリングが遅くなってしまうのは、私のブレーキのかけ方がいいかげんなせい。ブレーキをもっとデリケートにかけられたら、その分コーナリングスピードも上がるはず。

今まで、楽しいのはコーナリングだけと思っていましたが、ストレートで開けてリズミカルに走れば、コーナリング速度がゆっくりでも楽しいと感じるんだとわかりました。それでみんな、ストレートで飛ばすんだな〜。これでまたホンダのライスクに行っても、後で役に立つことがわかりながら走れます。

まだまだゆっくりだし、相変わらずタイヤは8分目までしか使っていませんが、だんだんとNSRが軽く感じるようになってきました。少しずつ、一体感がもどってきたかなー。

体も硬くしまってきて、運動で陽性の気が入ってくるので、背中がぴんとしてきました。今くらいの運動量が、私にはちょうどいい感じがします。このくらい運動しなきゃいけないなんてなあ・・・。

今日はなんと、転倒記念日でした。


★5月14日「椿ライン3往復」

最近、大観山までは箱根新道で行くようになりました。湯河原経由で行くよりも、通行料金が安いから。でも道が悪くて、好きじゃないんだけどね。

大観山は、霧で寒かったです。だから長居はせず、椿ラインで湯河原まで降りて、湯河原を基点にして3往復しました。

それにしても遅い。下手。制限速度プラス5〜10キロでコーナリングしています。去年の日記を見てみたら、峠デビューの日でもプラス10〜15キロで走っていて、それから2ヶ月くらいではプラス20キロ前後で走っていました。何でこうなってしまったのか。今日は、スポーツカーでも高級車でもない車にずっと後ろにつかれて、ショックでした。

コーナリングでふらふらしていて、あまり楽しめません。必要なのは、外足ホールドだったっけ。

あまりいいところではありませんが、湯河原に場所を見つけて、Uターンの練習をしました。左は、すぐにできるようになりましたが、右は使いものになりません。それでも、同じ道を何度も行ったり来たりするためにはUターンは必要なので、さっそく使いました。

Uターンは本来、右にするもの。それを反対車線へ移動して左にUターンして、また反対車線へ戻ります。

右のUターンは怖い。左ができるようになってみると、ハンドルをかなり切って、バンクもさせて足を軽くつきながらだったんですが、それと同じ事を右でするのはつらいです。

体力的には、全然疲れなくなりました。今日走ったのは200キロくらい。ただ、体よりも先に、首と肩が疲れて休まなくちゃいけません。これが、事故の後遺症。肩の痛みは、整骨院通いでぐんぐん消えてきて、腕も日に日に回るようになっていますが、まだしばらく筋肉の疲れやすさは出るだろうと言われていて、やはりその通りでした。

下手で暗くなっていましたが、それでも近所まで帰ってくると、すり抜けで他のバイクよりも前へ行けたりなんかして、ちょっとは上達してるのかな。



青山?丁目
★5月8日「東京往復」

ブルーノート東京へでかけるのに、初めての場所で様子がわからないので、バイクにしました。首都高に入るのに、料金が車と同じなのにはびっくりしました。

都内を走っていると、上手くなりそうだと思いました。曲がり角だらけ。湘南で生活していると、こんなに曲がることはありません。そこをみんな慣れていて結構なスピードで走っていきますが、私は道がわからなくてキョロキョロしながらとろーり走っていました。うちから青山まで、60キロでした。

帰りは、首都高がめちゃ高いことがわかったし、東名も高いしで、保土ヶ谷バイパスまで246号線を走りました。夜中の246号線は、空き空き。信号のたびに全開ダッシュできます。ご近所さん、ごめんなさい。

でもスタートではダッシュしません。数台並んだバイクの中で、私はゆっくりと発進して、早ければローかセカンドの途中で他のバイクを抜くということのくり返しでした。

全開にすると、ギアの調子が変になります。スカスカになって、シフトダウンがうまくできなくなります。これって何だろ。嫌だな〜。こんなんじゃ、サーキットなんか走れないじゃん。調子悪いんかな〜。はずれエンジンとか。だから値段が安かったんか〜?と、疑いはじめたらきりがない。

街乗りなので、あんまりおもしろくはなかったけど、バイクでは初の東京23区内でした。

ついに、NSRでのいいポジションをみつけました。ないと思っていたけど、あったんですね〜。今までよりもちょっとだけ後ろに座ったら、楽で、ぴたっと体が落ち着きました。ところが、そこでは皮パンのウエスト部分が胃のあたりを圧迫して、かなり痛いです。でもフォームは理想的。皮パンの皮がもっと柔らかくなるのを期待して我慢・・・。

NSRの本を読んでいたら、94年式はパワーバンドが狭いと書いてありました。確かにそう。そこは、乗りにくいです。むーーー。コーナリングで寝かせるのと寝かせないのとでは、まるで別のバイクのようになってしまうとも書いてあり、すごーく納得しました。


★5月4日「出前カブでフルバンク」

私がやったんじゃありません。さっき目撃しました。

交通量の適当に多い片道2車線道路で、車の切れ目でUターンをしていたカブが、ぐんぐんバンクして、最終的にはフルバンク状態でクリアしました。私はそれを見て、くくっと笑いました。走り屋カブめ。

でも後からよーく考えてみるに、あれは、曲がりきれなくなりそうになって、仕方なくバンクさせていったらああなったんだなー。走り屋だったら、最初から目的の角度までバンクさせるもんね。それに、出前セットみたいな装置が後についていたから、できればフルバンクはさせたくなかっただろう。

すごいヤバイ状態だったのかも。コケなくて良かったです。

※カブ ホンダの超売れっ子バイクで、おまわりさん、郵便屋さん、新聞屋さん、出前用などにひっぱりだこ。
http://www.honda.co.jp/news/2002/c021217.html


★5月3日「皮つなぎの着用練習」

皮つなぎを、もう一度着てみました。少し形をずらすと、苦しさもやわらぎ、このままバイクに乗ることはできそうでした。

ところが、やっぱり脱ぐのが大変。なんとかひとりで脱げるようになりましたが、1センチずつちまちまと時間をかけなくちゃいけなくて、両腕を抜くのに1分かかります。汗をかいた状態で、トイレに行けるのか?やっぱり不安。

でもなんだか、皮つなぎを着るということに対しては、抵抗がなくなってきました。すっごい速いわけでもないのに着るのは恥ずかしいと思っていましたが、実際に着てみるうちに、ただの防具だという気になってきました。

2004年motoGPの、ロッシのDVDが、古本屋さんにあったので、買って見ました。去年の優勝は楽々じゃなくて、本当大変だったんだなあ。あまり転倒しないロッシが、2度転倒。頭をかかえるロッシの姿は、人間的でした。天真爛漫なロッシ。ルックスも可愛いので、役者になればいいのに。
http://www.motogp.com/ja/motogp/popup_800/popup_800_133753.htm

motoGPのライダーが転倒しても、ひょいと起き上がって普通に歩いています。あれは皮つなぎの性能のおかげで、普通の服なら重症が当たり前で、死んでるということもあると思います。彼らの着ている皮つなぎって、いくらぐらいなのかなあ。


★5月1日「椿ライン」

ゆっくり出かけて、1往復だけしてきました。うまく走れない感じは、相変わらず。

20〜30台のNSR軍団に出会って、びっくりしました。箱根だなあ。

いつも椿ラインを走っている知り合いとも会いました。途中で追い抜かれた後、前に車がいてゆっくり走っているのがわかったんですが、今の私にはその車のペースがちょうど良かったので、追いつけませんでした。帰りにP.A.で会ったので、話をしました。今日は8往復して、疲れたと言ってました。

水温について聞いたみたら、NSRは60〜70度が適温で、100度を超えたらバイクを止めた方がいいと言われました。そうだよね〜。

この人はいつも皮ツナギ。ツナギ着た方がいいよって、前も今日も言われました。どうやって脱ぐんだと聞いてみたら、笑われました。

タイヤを見たら、8分目までしか使っていません。一度こけると、タイヤがもたないんじゃないかって怖くなって、思いきって寝かせられなくなりました。今のタイヤはいいタイヤだと、みんな言うけど。だんだん慣れてくるかな。

大観山で、他のバイクのエンジン音に反応して、警報アラームが鳴り出してしまいました。ちょっと離れたところからリモコンで止めましたが、こんなんなら、バイクのたくさんいるところでは、切ってないといけません。

今日も大して上手になってなかったと思いましたが、一般道までもどってくると、動きが楽になっているのがわかりました。街乗りレベルでは、ちょっと上手になってきたみたい。


★4月30日「水温の恐怖」

バイクで鎌倉をうろうろしました。暑くて渋滞していたので、水温計を見てみたら、97度。

何!?あと3度で沸騰するよ!どどどーしよー。こんなんでいいの?温度は30秒に1度位のペースで上がり、あっという間に100度。げえええ!

さらに101度。どーゆーこと?頭がパニックになりかけながらも、そーか、冷却水は水じゃなかったんだった。あの緑の、ラジエーター液よ。でもあれって、何度まで大丈夫なんだろ。

水温はそのままどんどん上がり、108度になったところで、恐ろしさに耐えきれなくなって、道のわきにバイクを止めました。エンジンを切ると、バイクがシューシュー言ってました。怖い・・・。

これじゃ、夏場は渋滞にはまってられないなあ。水温計を見たのは、今回が初めてでした。今まで、どんなことになっていたのだろう・・・怖い。


★4月29日「新しいジャケット」

春のセールで2ストオイルと、チェーンクリーナーを買い、ウエアを見てみたら、やっぱり全体にデザインがカッコよくなっていました。

これだとほんと、どのメーカーでもいいなあ、ベイツじゃなくても。で、ベイツはどうなんだろうと見てみたら、ひっえー、やっぱりベイツはさらにカッコいい。他が良くなってるけど、ベイツも一段と良くなっていて、デザイナーズブランドのようでした。

そこで見つけたデニムのレーシーなジャケット、もう頭から離れない・・・冬用と夏用があれば、デニムなんて必要ないけど、これだったらバイクを降りてから普通に歩ける。Sサイズもあったので、買いました。


★4月28日「皮ツナギGET」

皮ツナギを、中古で手に入れました。メーカー品でMFJ公認、レースにも出れるもので、定価は12〜14万円くらいなのかなあ・・・16000円ほどで買いました。それなりに使用感はあります。

ワンピースタイプなので、着るのに四苦八苦。脱ぐのは子供に手伝ってもらいました。これって・・・どうやって一人で脱ぐの!?出先で、知らない人に声かける?汗かいたりしたら、誰かに引っ張ってもらっても、脱げないんじゃない?

それに、ちょっと体の前が苦しい感じがする・・・。すっごい細身じゃないと、つらそう。前傾したら、これでいいってこと?使うの、どうしようかなあ。セパレートタイプで、別のを探すかなあ。


★4月21日「椿ライン」

午前中に大観山まで、椿ラインを往復してきました。椿ラインでは上りはバイクに一台も会わず、大観山にも誰もいませんでした。大観山は涼しかった〜。

それにしても下手だ・・・。なんでこう曲がれないのか。何だか知らないバイクに乗ってるみたい。これがNSRか?でも先日よりも5キロだけ、早く走りました。

事故以来ずうっと、走り方を模索し続けていて、全然これと定まらないので、うまくなりようがないんですね。今日も、腰の移動は5センチまでにしました。こうすると、ハングオンになりません。ハングオンしないと、バイクがあまり寝ないし、強く方向転換しません。だから曲がれません。うううううう・・・

それで、何とかハングオンみたいに急激な体重移動をしようともがいていたら、外足にぶら下がるように体重をかけるようになりました。外足のももをタンクにひっかけるような感じで、体重をかけて車体を外から押さえ込む(下から体重で引っ張り込む?)と、何とか少し安定しました。こんどはこれで、もっと一気にぱたんと寝かせてみるかなあ。一気にぱたんとできるかどうか、わからないけど。

新しい整骨院には2回通いましたが、ずいぶん肩が楽になりました。痛みが半分くらい消えて、腕が回るようになってきました。こんなに効くとは。すごいもんですね〜。


★4月19日「整骨院へ変更」

接骨院に行こうとすると、何か気が向かないので、別のところを探しました。オリンピック選手、国体選手も通院という文句につられて行ってきたのは、接骨院じゃなくて整骨院と書いてありました。どう違うんだろ?前のところよりも、スポーツ系の雰囲気が強いです。

人が多くて、かなり待たされましたが、自分の番での時間も長く、料金は安かったです。自分の番を待っている時から、ここにずっと通うことになりそうだという安心感を感じました。


★4月17日「押しがけ」

きのう偶然やってしまった押しがけを、いつでも好きなときにできるようにしておくと、便利だと思いました。

NSRは始動がキック式なので、下り坂や上り坂ではエンジンがかけられません。右手はアクセルを回さなきゃいけないし、右足はキックするので、ブレーキをかけておく為の手足が空いていないんです。

だから、山でエンストしたらどうしようというのが、心の隅の恐怖だったんです。一応、下り坂の場合には平らなところまで惰性で降りて、そこでエンジンをかけなおそうと決めていました。そしてそれがきのう、本当に起こったわけです。でも、きのうみたいにエンストしたらそのまま押しがけに移行するんだと、楽々。

押しがけって、クラッチを切ったまま走って、つないでエンジンがかかるらしいけど、私はきのう、そんなことしたんだろか。無意識ににぎって離したのかな?いーや、エンジンが止まったと思ってるんだから、クラッチに手はかけてなかったはず。エンジンがかかってからとろとろ走りだったので、はじめてにぎったはず。下り坂利用だと、ただ惰性で降りるだけでエンジンがかかるの?そーなの〜?

チョークはたまたま、引いたまま戻し忘れていたんでした。それでこげ臭いにおいがしてました。(汗)チョークを戻し忘れてたので、うまく復活したのかな。

下り坂利用の、押しがけの練習しようかな〜。


★4月16日「箱根」

バイクで、箱根に往復してきました。椿ラインでゆっくりと大観山へ登りましたが、すっかりやんなりました。ぜんぜん曲がれない。ふりだしにもどってる。曲がりきれなくてセンターラインを超えそうになる理由が、わかりませんでした。わかるのは、下手っぴだということ。

大観山で、ひたすらためいきをついてました。もーやだって、叫びたかった。

あー、去年走るのを練習し始めてから、3ヶ月くらいで何とか慣れてきたんだったっけ・・・。また元通りに走れるようになるんだろか。いつか冬眠して、冬眠から覚めたらまた全然下手になっていて、もう最初から練習しなおす気力がなくて、それでバイクをやめることになるのかなあって思いました。

今日は、慣れない道を通ったので、二またの道で迷って止まりました。そのとき思わず、クラッチを離してしまって、エンストしました。ひょえ〜、下り坂だったので、そのまま惰性で平らなところまで降りて、エンジンをかけようと思い、とろとろと降りていきました。すると、2〜3メートル進んだところで、勝手にエンジンが復活。ひょええええええ〜〜〜!こ、これが押しがけというものなんだ〜。思わず初体験してしまいました。結構簡単にかかるもんなんだなあ。

帰り道にようやく、足でバイクを操る感覚がもどってきました。今日は情なかったけど、でもやっぱり、箱根まで往復すると、少しうまくなったと思います。

箱根新道〜西湘バイパス間に新しい道ができて、つながっていました〜♪



来宮神社
★4月14日「熱海」

熱海の来宮神社へ、往復してきました。上の写真でもわかるように、横から見ると、明らかにシート自体が前傾しています。これが街中で落ちつかない理由だと思うんですけど。ぺらぺらのシートでしょ。男性はこれがつらいらしいけど、私は軽いので、何ともありません。

タンクの上にちょこんと乗っかっているブルーグレーのが、料金所通過専用お金だけを入れるタンクバッグです。

こういう砂利のところに停めると、押し歩きが大変。砂利で足がすべるばっかりで、全然バイクが押せませんわな。

信号待ちで、スクーターが左端に止まっていたので、その右に止まりました。スクーターは遅いからと思ってるんですね、おばかだね〜。信号が青になると、スタートダッシュできるのはスクーターの方。それをバイク仲間に言ったら、2ストは当たり前と言われました。だからもう信号ダッシュはしないけど、つい、まだ忘れてしまうんです。

熱海まで往復すると110キロくらいで、途中西湘バイパスを始点〜終点まで走るので、街中を何日も走るよりも、1回で上手になりましたが、まだまだ以前のようには走れません。今日がほんとの冬眠からの目覚めで、とりあえずううーーんっと、のびをしたって感じです。

腰は5センチなら移動させてOKで走りましたが、これで後ろから見て、ほんとに動いてないように見えるんだろか。すごく疑問に感じました。だって、腰をずらすと肩はその倍くらい内側に入ります。すると、全身がぐっと動くんだからねえ。それとも10センチ近くずらしてしまってるのかな。ずっと迷いながら走ってました。

P.A.で、「どこ行ってきたの」と話しかけられちゃいました。パン屋さんでパンを買ってバイクに戻ると「すごいわね〜、すごい」と話しかけられました。春になって、人の心もゆるんできてるんでしょうかねえ。


★4月13日「接骨院デビュー」

接骨院という場所に、初めて行ってきました。病院よりはマイナーな雰囲気。先生は中国人のような感じ。でもいろいろと、説明してくれました。

「それで、病院ではマッサージとかしなかったの」
「はい、何も」
「あはははは」
両手に触ってみて、「どう?ちがう?」
「右手の方が、冷たいみたい」
右手を回してみて「回る?」
「右手は回りません〜」
頭をぐっと抑えてみて「どっちの肩が痛い?」
「右だけ痛いです」
背骨をいくつか押さえてみて、「これとこれとこれが痛い?」
「痛いです」
で、首と腰が悪いということになりました。肩は・・・首から来てるんだそうです。
「むち打ちになってたと思うよ」
「あ、そうでした、むち打ちでした」
「それだよ」

腰も悪いと言われて意外でしたが、そう言えば、最近NSRに乗っていて、以前は全然感じなかった腰痛を感じるようになっていました。洗面所で顔を洗ったあと、腰をまっすぐにしようとすると、時間がかかるようにもなっていたんですが、これももしかしたら転倒の後からだったかも。

うつぶせになって、首と腰に電気式マッサージを10分ほど受けて、今日は終了。1350円。これから度々、通うことになります。

接骨院からの帰りに鎮守に寄りました。すると、いつもよりも軽々と声が大きく出ます。んー、なるほどー、体は喜んでるみたい。

10日のモトGP初戦で、ロッシが優勝したみたいで、良かった!中野選手が5位だったそうで、お〜〜、カワサキもがんばるといいな〜。先日見た10R、デザインもカッコ良かった気がしたけど、もう一度よく見てみたいな。


★4月10日「免許証紛失」

きのうのダライ・ラマ来日講演には、車で行く気になっていましたが、免許証がないのに気づき、電車にしました。免許証がないのです〜!

最後に見たのは3月21日なので、それ以降のいつかに失くしてからは、免許証不携帯で車やバイクに乗っていたわけです。

うちの中や、バッグの中や、車の中にもない、行った場所や鶴岡八幡宮にも電話してみましたが、ありません。

再交付は、横浜の二俣川試験場まで行かなくちゃいけないそうです。あああ・・・・・・・。再交付に、不携帯で乗って行ったらあかんよねえ・・・。

自分の年齢を間違っていたことにも気づきました。1歳年上に間違っていて、いろんなところで、1歳上に書きました。これって、2回目。自分の年齢に、あまり興味がないんですね〜。これから何度もやってしまいそうな気がします。

年齢は1歳若返ったんだからいいけど、免許証はね・・・しゅん・・・。

今日、富士スピードウェイがリニューアルオープンしたんですね〜。初めてお会いしたイノリストの方のだんな様が、スポーツ走行される方で、教えていただきました。

ショートサーキットもできたらしいので、狙ってます〜!皮つなぎ、用意しなきゃ!その前に、もうちょっと伊豆箱根あたりを走らなきゃ〜。そのためにも、免許証〜。


★4月7日「NSRのエンジン音」

ガソリンスタンドから出ようとしたら、私と同じNSRが走っていきました。車だったけど、後を追いかけて、信号の右折レーンの一番前に止まったら、左ななめ前に彼をながめることができました。

ロスマンズでも年式によって色やデザインが違うんですが、ああー、ほんとに同じだ。ライダーはひざを軽く曲げて、足の裏べったりでした。うらやまし〜。

信号が青に変わって、飛び出していくNSRのエンジン音を聴きました。ビィィィィィーン!元気いっぱいだけど、いかにも排気量が少なそうな音でした。こんな音してんか?悪くはないけど、ガンマの方がいい音だったなあ。

ホンダ様は、デザインとか音とか、そういうのあまり考えないメーカーなんだよね。よくNSRをきれいと言われるけど、私は決してきれいと思って買ったわけではないし、きれいって言うならレプソルの方があか抜けてると思います。
http://www.honda.co.jp/WGP/race2004/formation/team-repsol/

走り去っていく後姿に、サイレンサー2本出しが目立ちます。プロアームだから右から見ると後輪のホイール丸出し。こんな風に見えるんか〜、これは良し。

もう真冬用ジャケットでは、バイクを降りると汗をかくようになりました。ダウンジャケット2枚分の暖かさだからね。そろそろ赤いベイツの出番だよーん。でも大きすぎるから、買い換えたいなあ。


★4月3日「セリカのオートマ」

このごろ、セリカがオートマ時、なかなか4速で走らなくなりました。70キロ以上出してるのに、3速で走ります。以前は、どこまでも4速でがんばるもんだから、笑ってたのに。

私は、山でだけマニュアルモードで走ってます。セリカのオートマには、学習機能がついてるんですね〜、たぶん。それで低めのギアで走るように覚えたみたいですが、街中でこんな走りをされると困ります。燃費が悪くなるじゃん!(はなわ君の歌で「じゃん」は神奈川弁だと知ってショック)

この学習成果、消去できないかなあ。街中でもマニュアルモードで走って、覚えなおしをさせないといけないかなあ。


★3月25日「月夜の鼓」

久しぶりに、バイク仲間に会ってきました。海岸は寒くて震えながらも、夜中の能ははじまりました。でもさすがに寒すぎて、集中して聴いていられませんでした。月はとってもきれいでした。

この数ヶ月の間に、買い替え組が2人。GSX−R1000と10Rになってました。GSX−R1000はスーパースポーツの中では足つきのいいバイクなので、またがってみましたが、私には問題外でした。

事故以来ずっと、バイクの上でじっとしながら、どうやったらみんなのように走れるのか、考えてきたけど、全然うまくできないから、あまり楽しくないと話していたら、TZRさんが、この位はバイクの上で腰をずらしてるよと、5センチくらいずれて見せてくれました。後ろから見ていたらあまり動いてないように見えるだけだと。

なーんだ、そーなの?その後、5センチ位は動いてもOKにして走ってみたら、楽しい!連続カーブの道ではシートの上にじっとしてることがなく、右に左に動きっぱなし。これだと以前の走り方とよく似ていて、うまく曲がれる!わあーい!

ただ、バイクを倒さないように固くなって走ってたときの走り方でも、バンクは深かったから、それ以上倒さない方がいいと言われてしまったので、そこんとこがちょっとまだふに落ちないかも。だって、腰ずらしたらバンクは深くなるんじゃないの?

フェンダー事件のことを話したら、今のフェンダーを見て、なんだこれ〜、3ミリしか開いてないじゃん、異常だよ〜と言われまくりました。えーん、なんでなの〜?

シートは、バッテリーを戻した後のつけ方が悪かったのでした。つけなおしたら足つきも良くなりました。良くなっても、つま先つんつんですけどね。

車よりもバイクの方が肩を使わないですむので、肩のためにはバイクの方がいいみたいです。このことがわかって、本当にバイクってハンドルでは曲がってないんだなあと思いました。

きのうと今日と乗っただけで、体中に酸素が送られたみたいで、とってもいい気持ち!あー、運動不足だった〜。体が軽くてスムーズに動きます。


★3月24日「NSRお目覚め」

1ヶ月18日ぶりに乗りました。本当、冬眠してました。乗り方は一応、覚えてました。

渋滞をすり抜けるのは、あまり楽しくありません。あー、もっと寝かせたいよー。もっと体を使って走りたいよー。でも久しぶりだから、おとなしく走りました。そんな場所もないし。

誰もいないサーキットを自分のスピードでゆっくり走れたら、楽しいだろうなあ。お巡りさんはいない、対向車もこない、人も歩いてない、道はめちゃきれい。

先日、春のセールで皮パンを買いました。今日初めてはいて乗ったんですが、どうもそのせいで、足つきが悪くなった!これは重大問題!片足がつかないんだもん!こわいよお〜。ただでさえぺしゃんこのシートの中身を、抜くのは無理だろか。まさか・・・骨粗しょう症だったりして。


★3月16日「NSRの中古市場」

バイクの自賠責保険を更新してきました。ショップに行ったのは久しぶりで、転倒の時以来です。ちょっとNSRをながめてきました。

いつものようにNSR250の中古は7〜8台あり、値段を見てみたら、全部が定価の5%増しになっていて、びっくりしました。ひええええ〜。私のは1回転倒したけど、どうなんだろ。でも全部だよ、全部!ま、売らないけど。こんなおもしろいおもちゃ、生まれて初めてだもんね。

NSRは、古いものは神経質で乗りにくいんですが、パワーがあります。だからマニア向き。新しいものは大変乗りやすいですが、パワーは規制で落としてあります。で、私みたいな人にぴったり。チャンバーを替えると、パワーをもどせるらしいです。

私のは定価が85万円くらいだったっけかな?とすると、転倒なしだと90万円?ふっえええええ〜!それでも売らん。90万円の価値?あると思います。そんな走りします。惚れぬいてます〜。NSRの走りを思い出しただけで、体がふわふわしてくるよ。

あーうれしいよ〜、でも心配だよ〜。もいっこ、アブスの鍵つけようかな〜。

先日ガンマのタイヤを見てから、別のバイクのタイヤを見たら、そのバイクも真ん中以外は減っていませんでした。これがちょっと、なーんだかショックでした。私のタイヤは、街乗りだけでもちょっとは横も減ります。

普通そんなもん?それが普通なのか・・・私、変なのかも。(やっとわかったかって言わないでね)集まるバイク仲間も、レースしてたり、過去にレースしてたり、走り自慢バイク自慢の人達ばっか。そういう何か自慢できるものがある人達が、集まるものなんだなと思いました。何もないフツーだと、集まるにも気後れするんだな。あーそーかー、そーかー、やっとバイク乗り事情に気がつきました。


★3月2日「ガンマ」

バッテリーをはずすと、また安心してしまって、のんびり冬眠してます。もういいや。だって今、石けん作りに夢中なんだもーん。やっぱり夢の通りになってしまった。

今日、交差点でとなりにガンマ250ccがとまりました!わーい、じいいいいっと見ました。

サイレンサーが2本出しになってる、ノーマルじゃないのかな〜。タンデムシートつけてる、タンデムシートの横にメットつけてる、そんな気の利いたもの(フック)あるんだ〜。カウルに傷あり。タンクにシール貼ってる。

ライダーは小柄だなあ、女の子?いや、小柄な男の子だ。Gパンにスニーカー。タイヤの模様は、街乗り用だな。前の私のみたい。タイヤの真ん中ばっかり減ってる。タイヤの横の方は新品状態。街乗りライダーか〜。で興味をなくしました。

そーかー、やっぱタイヤの減り方って、見るんだなあ。それで走り方がわかるもんね。前にロスマンズさんが私のタイヤを見て、「タイヤからオイルがにじみ出て虹色になってるから、相当それなりの走り方をしてるってこと」と言ってた。だのに今のタイヤったら、まだ新品のぽちぽちが取れないまま。


★2月23日「春一番」

晴れてる!乗るぞ!とばかりに機嫌よく起きてみたら、風が・・・。そういえば、きのうラジオで言ってたな〜。春だ〜。

バイクはあきらめて、車で移動しましたが、今日は車でも危なかったです。道路に散乱している、箱、雑誌、ゴミ、それらがどんどん動いています。モノだけかと思ったら、歩道から車道に、自転車が運転手ごと倒れてきました。

こんな日は、さすがにバイクはいないと思っていたら、私の前にバイクが。すご〜。よくわかりませんでしたが、400〜600ccくらいのツアラーでした。信号で止まると、風で左右に揺れています。とても心配になって「あなたが今日一日、安全でありますように」と祈りました。

バイクに乗るより先に、皮パンを買った方がいいかな〜。


★2月21日「再バッテリー上がり」

先週末に、チェーンのクリーニングとグリースアップをしました。一度さびると、すぐにさびさびになります。悲し。

今日、乗ろうと思ったら・・・またしてもバッテリーが完全に干上がっていました。ひええ〜。盗難防止アラーム、消し忘れていたのでした。もおおお!2週間で、完全にできあがりとは。一度上がると、早くなるのかなあ。で、またバッテリーはずして充電です。

ついでに、タイヤに空気を入れなおしておきました。

皮パンは、はけませんでした。皮パン買いに行かないとだめだ〜。


★2月5日「フェンダー装着」

空気を抜いても、タイヤとフェンダーはゴリゴリいうので、バイクショップにバイクを引き取りに来てもらい、フェンダーを付け替えてもらいました。

次の日に、歩いてバイクを引き取りに行きました。純正品じゃなかったけど、ちゃんと付いていて良かった。結局、純正品を頼んで、そのまま付けてもらった方が、安くつきました。あー。

それで、2ヶ月ぶりに乗りました。2ヶ月も開いてたんだ〜。フェンダーしょって帰りました。バッテリーをもどして最初のエンジンかけだったので、少し手こずりましたが、何とかかかりました。ショップの人は目の前で無視。ここのショップへは、緊急時以外は来ないでしょう。初めてのお店でした。

乗り方を忘れてました。ゆるい上り坂で発進しないので、ちょっとパニックになりました。無理やりアクセルを回して何とかなりましたが、フットブレーキを何気なく離してしまっていたんでした。

乗り方を忘れたせいで、変なくせや思い込みがとれて、自然に乗っている気がしました。一番はじめに覚えた、ネモケンさんの乗り方になっていました。最近ずっと肩を意識して生活しているので、肩の力が抜けているのが自分でもわかりました。

けれどやっぱり、普通の街中のスピードでは、シートのあたりが安定しないんです。シートそのものが前傾してるに決まってる。それで相変わらず、フォームを探りながら乗ってます。

ローでパワーがない気がしました。前からセカンドの方が力強くのびて気持ちがいいんですが、もっとそうなったような・・・。吹けすぎる感じ?軽々と11000回転を超えてしまうのに、それほど加速してない感じ・・・何だろう?プラグが汚れてきた?

プラグチェック、自分でできませーん。タンクはずしたりつけたり、できないもん。男性でも、何でもショップにおまかせの人は多いみたいなので、私も難しいとこは、ショップに頼も。

晴れた日の昼間は暖かいので、服装は、普段着のダウンジャケットをライディングジャケット(ゴールドウィン)に変えるだけで十分でした。去年より3キロ太ったので、皮パンが履けるかどうかは不明です。


★1月29日「フェンダーがはずせない」

古いフロントフェンダーを途中まではずして、よくよく見てみたら、3センチくらいの大きなボルトをゆるめなくちゃいけないことがわかりました。それはフロントフォークとホイールを貫通しているパイプ(?)を締めているボルトで、ボルトに合う工具を買ってくれば、ゆるめることはできるかもしれないけど、締める自信がありません。

走ってる時にこのボルトが緩んだら大変なことだし、今は肩に力が入れられないし、たとえ肩が健康でもこのボルトには腕力が足りないと思うので、やはり、ショップで頼も。

ショップまで行けるかどうかが問題だ。タイヤに空気を入れてこうなったんだから、空気を抜いてみよう。そこまででぽつぽつと雨が落ちてきたので、終了。

そうさ、そしてフェンダーかついで、フェンダーライダーになって、行ってくるのさ。カッコ悪〜、カッコ悪〜。



川崎大師
★1月22日「交通安全祈祷」

川崎大師に出かけたら、駐車場が交通安全祈祷をする車しか入れなくなっていたので、祈祷を受けました。車に祈祷してもらったけど、バイクにすればよかったかなあ。まあ、車になったものは、それでいいんでしょ。

30分ごとに30台ずつくらい、次々と祈祷していきます。待ち時間はほとんどなく、大変スムーズです。相変わらず迫力ある祈祷で、人気があるのもうなずけました。

NSRのフロントフェンダーは、うまく新品を安くしとめました。本当に付くのかどうかはわからない。手作り石けんに夢中なのと、月の下旬は忙しいのとで、まだ装着できません。


★1月13日「ホイールバランス」

今週末、また雪が降るかもしれないらしいので、セリカのハンドルのぶれをディーラーさんで見てもらいました。気のせいかなあと思ったけど、料金所で全開ダッシュしてみたら、まっすぐに走れなかったので、やっぱり変だと思いました。

するとやはり、ホイールバランスが悪かったようで、調整してもらい、2100円。この半年間ずっと右肩をかばって、左手ばかりでハンドルを回していたので、変な力をかけていたかもしれません。

調整後も相変らず道のでこぼこにハンドルがとられる感じは変わらないんですよねー。だからずっと気がつかなかったのですけど。こういうのは足回りが硬いと、当然と思っていました。次に雪道を走るときはどうかなー、一度まっすぐに走れなかったので、試すのも怖いです。

整備を待っている間、用意していったバイク雑誌を読んでいました。そこに、スピードを落とすために道に出っ張りを作ってある場所のことが書いてあり、私が転倒した場所も、そのためにわざわざ道の継ぎ目を出っ張らせていたんだなと思いました。つま先すりながら走るバイクのことなど、普通考えんわな。

そしてNSRをほめちぎる昔々の記事・・・そうそう、NSRは楽しいの。NSRとの出会いは、一生の思い出だと思ってます。今は他にもいろいろとすっごい高性能バイクがあるだろうけど、NSRは全開にできるから楽しいんです。

そのNSRはずっと冬眠中。けちって、フロントフェンダーを中古で探しているから、なかなか手に入りません。



メンテナンス記録 NSR
2003
3/29
4000キロ 納車
4/1 - バッテリー交換
6/28 -
洗車
8/8 - オイルポンプ交換
2004
1/4
- フロントタイヤ交換 ダンロップGPR80
1/20 - チェーンクリーニング、グリースアップ
2/5 - チェーン調整
2/15 - 洗車
2/16 5713キロ プラグ交換 デンソーIWM27
3/14 - チェーンクリーニング、グリースアップ
3/16 - フロントブレーキパッド交換 べスラ
3/23 6300キロ リアブレーキパッド交換 べスラ
チェーン調整
4/2 - 2ストオイル補充 1L
4/7 - 左グリップ交換
4/12 - クラッチワイヤーグリースアップ
フロントブレーキパッド付け直し
4/15 - 各所グリースアップ
4/17 6720キロ ステンメッシュブレーキホース装着 グッドリッジ
ブレーキフルード交換 DELPH1 DOT4
4/25 - チェーンクリーニング、グリースアップ
5/1 7625キロ 盗難警報アラーム取付 スティールメイト
5/7 7800キロ 2ストオイル補充 1L
5/12 7900キロ 洗車
5/31 8040キロ ラジエーター液交換
6/2 8040キロ ヘルメット新調
6/5 8150キロ ミッションオイル交換 カストロール
7/18 9025キロ 2ストオイル補充 1L 燃費は1225キロ/L
8/6 9150キロ フロント&リヤタイヤ交換 ダンロップGPR70
2005
2/5
9470キロ フロントフェンダー交換
4/2 10030キロ 2ストオイル補充 1L 燃費は1005キロ
5/21 10800キロ 2ストオイル補充(カストロール) 1L 燃費は770キロ
7/10 12000キロ ガソリンの燃費は18.4キロ
7/15 - 白フルカウル完成
7/28 12400キロ プラグ交換 デンソーIWM27
ミッションオイル交換 カストロール
8/12 12650キロ 2ストオイル補充(ホンダ) 1L 燃費は850キロ
メンテナンス記録 CELICA
2002
6/8
0キロ 納車
8/11 - インチアップ、タイヤ交換4本 ヨコハマタイヤDNA-GP
ホイール交換 SSR-タイプC
12/2 - 6ヶ月点検
2003
5/9
- 12ヶ月点検
6/12 21000キロ オイル交換、オイルフィルター交換、ミッションオイル交換、エンジンフラッシング
2004
2/9
35320キロ オイル交換
オートマオイル交換10L
3/8 37300キロ タイヤ交換2本 ブリジストン POTENZA G3 
5/27 37440キロ 12ヶ月点検
バッテリー交換、オイル交換、ワイパー交換(前2、後1)
9/7 41000キロ オイル交換、オイルフィルター交換、エンジンフラッシング
2005
3/23
46115キロ オイル交換、燃料ライン洗浄
5/19 47000キロ 車検初回
ファンベルト交換、ファンベルト自動調節装置交換
9/8
51000キロ オイル交換
タイヤ交換2本 ヨコハマ S-DRIVE

2002年のセリカのセリちゃん日記 2003年のCAR&BIKE日記 2004年のCAR&BIKE日記 
2006年のCAR&BIKE日記 2006年の遊スポ日記 2007年の遊スポ日記
2008年の遊スポ日記へ 2009年の遊スポ日記へ

スピリチュアルライフ日記へ ベランダガーデニング日記へ